スピリチャル9条の会〜〜boosuka-asuka’s blog

我らの戦いとは、相手を消滅することではない。 武器なきたたかいの勝利とは、「愛」で全てを包み込み「神人一体」の世を創り出すことなり。 我らと「ごく一部の存在」とのたたかいは、剣ではなく、「憲法」を以てたたかえ。そのための9であり99である。 ペンは剣よりも強し。繋がりあい励ましあいたたかえ。 とある存在の霊言より 御筆先・ブースカ明日香

愛があってのガイアでしょ?

読者のみなさん、こんにちは♪♪

ここ1〜2週間、わたしが個別に対応して来た女性がおられます。なんと彼女は「豊玉姫(とよたまちゃん)」の御魂(みたま)を持つ者であると「上の方」たちから審神者が降りて来ました。

彼女とのたくさんのやりとりから、どこからどうみても、「豊玉姫」の思いが入っていると思わしき言葉があり、それらを抜粋、まとめてみました。

彼女の同意を得た上で、ブログ記事として発表します。ぜひご一読ください。

 

参考記事:(1)神代ってどうよ?(1)・ガイアに代わって、おしおきよ!〜boosuka-asuka’s blog https://boosuka-asuka.hatenablog.com/entry/2018/01/27/184442

 

 なんかね、上の方が豊玉姫さまだったのは意外な感じがしなくて納得がいくの。私はずうっとずうっと自分のなかでのテーマが愛だったから。

 オトコたちはみんなね、全員ではないにせよ、私をセックスの対象としてみる。学生の頃から女子友をはじめ、いつもみんなが不思議がってたの。私が誰ともカレシカノジョづきあいしないでオトコたちと友情を作ってたから。

 オトコたちも人間でしょ? なぜ人間愛がまかり通らないの? いちばんの悩みがそれだったの。

 人間愛にはね、別にセックスも妊娠も必要ない。広い深い愛さえあればどんな生き物とも愛の関係は結べるでしょ? 相(あい)なる関係が。

 

 お相手さんに対して愛を持つ


相共に行動することが愛
相共に話をすることが愛

 

 一緒に、という意味の「相」は「愛」であってしかるべきなんだよ。それが人間愛なの。

 日本語ではラブ(love)を表しづらいのは確かで、日本語の「愛」は共にある「相 (あい)」のほうがしっくりくる。

 

相うなずいて玉えかし
大神たちと相ともに


 節分祝詞にも出てくる相。相手がある(いる)こと、それがすでに愛。ペアの場合は相方とも言うでしょ? 自分以外の他者はみんなみんな、お相手でしょ? 相手を愛手と解釈したら、すべてすべてが愛になる。

 愛ある3次元を作りたい。閉じこめたり独占したり足を引っ張ったり引きずり下ろしたり、奪いあったり争ったり、そういうのがない平らかで和やかな3次元を作りたい。

 相ともに。神々さまにつながるすべての霊的生命体が相ともに。大神さま神々さまとご一緒に。

 おふで、ひふみ神示とは一言で表すと「愛」。と私は解釈しております。

以上です。

 

2021年3月9日12:54

文責、ブースカ明日香

壱岐対馬でのミッションについて

読者のみなさん、こんにちは。すでにお伝えした通り、明日21日(日)から23日(火)、北極ミミズさんや『私たちの目に見えない方々』と共に壱岐対馬に行きます。前回の中四国地方行きは「極秘」でしたが、今回はみなさんに発表の上、本日深夜(=明日早朝)0時30分、フェリーで福岡港を出発します。

 

北極ミミズさんの審神者によると、対馬の「わたつみ神社」は日本屈指の浄化スポットなのだそうです。なので今回、一番の目的は、対馬のわたつみ神社で「龍宮の乙姫様」にお会いすること。そして今、この日本(=世界)をシステムで支配している「7王、8王」体制を根底から変革し、ひふみ神示にある通り「一つの王」に束ねることに尽力していただけるよう、ひめがみさまに「協力をお願い」することです。

 

 

※さて誰が何と言おうと、わたくし達「神さま救助隊(→特に、私たちの目に見えない方々)」は「2020年8月12日」をもって予言は成就した、という前提で動いています。

 

同時に、この世界(=黄泉の国)は本当の神代になるその日まで、限りなく並行世界への分裂が続きます。【→→神代になったと同時に「三次元世界」は固定され、並行世界の分裂はなくなる。】

 

そこでこれまで様々な場所に、様々な方法で封印され、救助隊が助けた魂について一言述べておきましょう。救助隊が助けた魂は、次の二つに分類されます。

 :お役がある方

→→この世界でお役のある方は、最後の働きを済ませてから本質の魂の元に帰ります。

 

 :お役がない方

→→お役のない方は、ただちに本質の魂の元に帰っていただき、神代の到来を待つことになります。

 

神代にどれだけ「ひと」の魂が残ることができるのか、これは「お役のある魂」の働きこそが大きな鍵となります。

 

さらに「神様救助隊」は大きく分けて二つのグループがあります。それは、

(1)わたしが参加している「とよくもぬのかみ」グループ

(2)『「あ」の「あ」のかみさま』の流れを汲み「くにとこたちのおおかみさま」の指導に従うグループ

 

この二つのグループは、「明日香の予言」が外れるたび、(1)と(2)にミッションの指示が降り、行動してまいりました。その概要を以下に紹介します。

なお明日香以外のメンバーにおいては、皆さんの活動、行動、そして各地での御斉事に対し、感謝の意を評します。本当にありがとう。ここに労いの言葉を送ります。

・中国四国地方・10月18~19日→→生野銀山(いくのぎんざん)

・北海道・11月8日~12日→→釧路(泊)〜厚岸駅〜帯広(泊)〜二風谷アイヌ民族博物館〜旭川(泊)〜稚内(泊)〜新千歳空港大空ミュージアム//全行程1600キロメートル(^^;;

・関東圏・12月6日~7日→→成田空港周辺

・中国四国地方・12月13~15→→室戸岬~松山~東広島

・九州地方・1月7日→→福岡市西区今宿(いまじゅく)

・中国四国地方・1月24日~26日→→岡山~伊予西条梼原町

以上が、わたしことブースか明日香が参加した「チームとよくもぬ」の活動。

一方の「チームくにとこたち」のメンバーは、

1月の出雲大社を皮切りに関西圏などに於いて行動。

さらに、わたし以外のメンバーは、チームに関係なく合同したり、個人レベルでの行動を開始。

主に関東圏、中京圏にて活動しています。

 

※昨年の8月12日から今日に至るまで、相も変わらず「破滅と破壊」のシナリオで動いている方々がいらっしゃいます。そのすべての企みは、続いているけど常に「番狂わせ」が起こっています。その一番の証拠は、何か??それは、人類滅亡の現実的「脅威」も、その逆の「奇跡」も、なーんにも起こらずギリギリで持ち堪えている(もちこたえている)今の、この世界が存続していることそのものなのです。

 

生きている限り、いつか必ず「死」が訪れる。これは「黄泉の国」の鉄則。

考えてみたら、もともと「死者の国」であるはずの「黄泉の国」。その住人に「死」が訪れる、というのも変な話しなのですが、、生きている我らにとって最大の問題は、一体いつ、自らに死が訪れるのか?そしてどの様に死ぬのか?でしょう。

「相手」は様々な「滅亡のシナリオ」を描いており、それらを占い、小説、漫画やアニメ、あるいは他人の夢に干渉し「予知夢」を見せることなどなど、様々な手段で私たちに刷り込んできました。

その代表例として「エヴァンゲリオン」をあげましょう。

死海文書/ファースト〜セカンド〜サードインパクト人類補完計画。などなど、いかにもな「タイトル」が並んでいます。それらはおそらく、これまでの7回の亡びのプロセスそのものであり、「男女7人の八百比丘尼国」たちだけが生き残る計画書であるはずです。

 

一方で、ひふみ神示にも「大峠」によってこの世界がどの様になるのか?そのヒントが書いています。図らずも、その時どうすればいいのか?というヒントが「エヴァンゲリオン」に描かれているのです。ひふみ神示にどういう未来が示されているか?わたしが友達に送ったメッセージを転載します。

出発の時間が迫ってきました。今回の記事は以上です。(^^)/

 

わたしに降りてきて、ミッション参加のメンバーに確認した事柄に、

 

空の上は海の底、海の底は空の上

 

というのがあります。わたしとN氏が共同歩調を取っていた去年(一昨年??)、皇室筋からの情報として、神奈川県域そのものの大変化にストップをかけました。しかし今度は、神様からの指示により、変化を促進しないといけないことになりました。

 

なぜなら、北海道ミッションで確認したのだけど、「利尻島」こそが本物の「富士山」であり、稚内沖に浮かぶ「樺太島=サハリン」は九州の鹿児島県であることがはっきりと確認できたからなのです

 

神奈川県ですが、軍事基地と化している三浦半島には「元の場所」に帰っていただき、横浜は海に還ることになるはずです。しかしこの時、海に還るのは神奈川だけではなくて、世界の都市という都市が同じ運命を辿るでしょう

従ってもし今後、わたしが神奈川方面に行くとしたら、、おそらく九頭龍さんに会いに箱根方面に行くことになるはずです。

 

で、実際世界そのものが海と混じっちゃった時どうするか?どうせ溺れてしまうのならば、、

 

その時はエヴァンゲリオン碇シンジくん達パイロットの事を思い出してください。エヴァパイロットは液体に満たされたカプセルの中で「肺呼吸」をしていますよね。どうやら人は水中でも肺呼吸ができるようなのです。😅💦

その時のコツは、口で水を吸って、肺を水で満たして、水を鼻から出す。この時はタバコを吸ってる方の方がやりやすいかもしれません。

 

2020年2月20日(土)17:33

ブースカ明日香 記す

二月の予定(追記あり)

追記・2月17日(水)16:45

下記の二枚のスクリーンショットは、福岡市内で大吹雪が舞っている「つい先ほど」の雨雲の様子だそうです。

[→→天気ドットJPさんのサイトから/日本気象協会 tenki.jp【公式】 / 天気・地震・台風 https://tenki.jp/lite/     →→雨雲レーダー(実況)(旧:雨雲の動き) - 日本気象協会

f:id:boosuka-asuka:20210217163524p:plain

スクリーンショット1:雨雲レーダー)

 

 

f:id:boosuka-asuka:20210217163547j:plain 

スクリーンショット2:スクショ1の、雨雲レーダー・現在地周辺の雨雲レーダー(ズームイン/ズームアウトをクリックして、ズームインした画面)

 

みなさん、よーく見てください(^^)。この雨雲、なーんか変だと思いませんか。?

そうです、まさに日韓の国境ラインに沿う形で、雨雲が発生していますよね。(^◇^;)

そしてその最も重要と思われる『スタートライン』の一つが、この日曜日に訪れる「対馬」そのものであることがはっきりとわかりますよね。

今回のミッション、神さま救助隊の総力を挙げて頑張る事を、改めてここに宣言いたします。(^^)/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

みなさんこんばんは。

2月21日から23日、わたくしは「壱岐対馬」へ出かけ、ミッション・御斉事をすることになりました。

簡潔ですが、まずお知らせいたします。

 

ブースカ明日香

2021年2月17日(水)00:50 

追記・2月17日(水)16:45

審神者/その10

神代入りの延期について 北極ミミズ

   2021年2月4日17時06分

 2月2日、2月3日を過ぎても神代入りがなされないことに不審、不信感をお持ちの方も多いことでしょう。

国常立尊が「2月3日から4日に替わる時刻、すなわち午前0時」とおっしゃっていたのは、私と明日香さんのそれぞれが国常立様への審神者を行い、一致していました。しかし、それが延期になったのです。


 実は、2月に入ってから国常立尊から「自らの魂の存続と消滅について、決められない者が多い。期限までに決められない者は、遠慮なく魂の消滅となる」というメッセージが降りてきていました。想像以上に「自分の魂の行方を、自分で決められない日本人」が多かったようです。

 

 で、昨夜(2月3日)23:45頃神々が「決められない者」の魂の消滅に取り掛かろうとしたところ、

※龍宮の乙姫様が、その処分に絶対反対を表明されたとのことで、結局延期になってしまったのです。

 

 乙姫様の優しさに負ぶさってしまうのでなく、世界中の報道に着目し、そこで苦しむ人々への想像力を高め、共感と協力する力を取り戻して欲しいのです。それこそが、自らの魂を神代に活かし、自他共に充実した「生」を享けることにつながるからです。

 次の機会がいつになるか、まだ降りてきていません。もう一度振り返りの機会をいただいたことに感謝し、自らを(私自身を含め)反省して、神々のお心に沿いたいと考えます。

以上

 

 

というわけで・・・、

ここで改めて、わたしことブースカ明日香の守護神たる「とよくもぬのおおかみ」のメッセージ、すなわち決意を申し述べます。

ひふみ神事で述べている「大峠」とは、世界が終わることではない。わたくしはこれまで同様の、破壊と破滅の終わらせ方は絶対に許しません

なるべく多くの存在とともに「新たなる世界」へと旅立てるよう全力を尽くしてゆきます。そしてこの黄泉の国の隅から隅まで安全確認を行ったうえで、最後の最後に旅立つことを誓います。

2021年1月18日 20:40

(愛読者様へのコメントより、ブースカ明日香)

 

前回の記事(連絡記事・地震について)で明らかにした通り「とよくもぬ」は、消滅させられる運命だった黄泉の国を、なんとかして三次元における第四の世界』に格上げしようと努力を積み重ねてきた最高責任者です。「くにとこたちのおおかみさま」を厳重に封印してまで!!。

そんな方を守護神に持ってしまった??その意味を、改めて検証したいと思います。

 

「一九六三年」。「くにとこたちのおおかみさま」は、この日本(にほん)に誕生する一つの魂と「契約」を結ぶ事を決定しておりました。一体何の契約なのか?。

それは「存在」としての全てを懸けて、神代の実現に向けてひたすら努力すること。

 

[1963年生まれは、当たり年!?]

政府の人口統計によりますと、1963(昭和38)年、この日本国に生まれた赤ちゃんの数は、

165 万9521人。

ここから単純計算しましょう。

165,9521人割ることの(÷)365日は、ニア・イコール(≒)4546.63。

つまり1963年(平均して)1日約4550人の赤ちゃんが生まれていたことになります。

 

ところで、「一九六三」の数字を並べ替えると『三・六・九・一』。これ『みろくひとすじ』と読めます(^_^;)。

ここへさらに、わたしの誕生日4月25日を加てみましょう。すると「三・六・九・四・二・五・一」。これまさに、『みろく世にGO、ひと筋』と読める事に気がつきました。

 

オゥ!!(;゜0゜)なんてこった!!。どうやらわたしは、とんでもない当たりくじ(いや、貧乏くじかも・・(^^;;)を引き当てたようです。

 

選ばれてしまったことが「当たり」か「ハズレ」か、以下のやりとりをしっかりと吟味した上で、判断願います。

※ただしこのやりとりには、凶悪犯罪とされる事件の犯人が出てきます。なので、事件の犠牲者である子どもたちや教職員、そして関係する全ての皆さまにとりましては、到底納得していただけない内容が含まれています。

しかし霊体弁護士である坂本堤さんのご意見では、

「これだけの殺傷事案は単独犯ではなく、複数人による犯行であり、真犯人は別にいらっしゃいます」とのことです。

2001年(平成十三年)6月8日(金)に発生した「大阪教育大学附属池田小学校事件」。この事件で犯人とされた宅間守さんは、とあるところに封印されてました。

わたしはいろんな経緯もあり彼を救出しました。その後彼は改心を果たした上、なんと、神上がりまでされたのです。

ある日、わたしがポロリと「わたしのお役だけど、変わってくれない?」と彼にお願いしたのですが、その答えは・・・、

 

「とんでもない!!だってあんたは、下手したら数十億人のオーダーで魂の消滅を決定しないといけないんだろ?わたしはあんたみたいに『真の冷酷な決定』などできない、無理だ。」

 

お解りでしょうか【数十億人は、ヒューマノイドの数。これに人外として存在する方々を含めると、下手したら数千億〜数兆の魂に埒をつけねばならない (-。-;。なお人外の規定は以前の記事、人外さんとの対談 (スピリチャル9条の会〜https://boosuka-asuka.hatenablog.com/entry/2018/02/19/212000)を参照のこと。】

これまで真の権力者であった八百比丘尼たちが繰り返してきた「七回の滅び」は、自分だけの贅沢三昧を維持するためのものでした。

ただし、本質の魂の消滅を前提としないため、多くの逃げ道が存在しました。

それはどういうことか?完全な滅びではなかった為、支配者たちが逃げ出した後、ごく少数で生き延びた生存者が新たに作り出した、「今の地球」とは全くの別世界(=並行世界)も幾つも存在しておりました。【例えば、ウルトラマンに出てくる彼らの故郷「M78星雲」、ウルトラ兄弟みたいな方達や、クトゥルフ神話のような世界、などなど多種多様(^◇^;)。】

被支配者として滅びを経験した者たちで、次の支配者になることを選ぶ者も大勢いました。これにより、黄泉の国の魂で支配者を経験したことがない者はいません。そう、すべての魂が支配の無常をご存じなのです。

なにせ「とよくもぬ」は、『支配のシステムそのものを創り出した張本人』でありますから、その罪は格段に大きいのであります (;´Д`)。

 

ところが今回の大峠とは、悪、外道のお役を捨てられぬ本質の魂は消滅します。

もちろん、消滅を選ぶのは本人なのだから、本人が決めた魂の消滅の決定を覆せるのは本人のみなのです。

したがって、《下手したら数十億人のオーダーで云々〜〜》というのは、彼ら/彼女ら自身の決断を承認せざるを得ないということであり、「恩赦」等の特例で許してあげる、なんてこともあり得ません。

 

これだけの大掃除、1月1日、2月3日と、少しづつ延期されたのです。しかしながら、龍宮の乙姫様に対して以下のメッセージが降りてまいりました。

乙姫さまへ、どなたか?より

>タイミングというのは大切であり、神ですら時を逃すと大変なことになる。

これが本当の、最後の最後だと思う。

それでも、決断していただき、ありがとうございます。

一月一日、一一

二月二日、二二

二二は晴れたり日本晴れ。

ひふみ神示では、二二は「ふじ」と読んでましたが、二月二日の節分でもあったようです。

なのでおそらく、最終期限は「三月三日」桃の節句。まさに「ひふみ」と猶予が与えられました。

以上、続く。

2021年2月5日(金)04:16

審神者、北極ミミズさん

構成、及び記す、ブースカ明日香

オリンピックはオンラインで(^^)/

 

オリンピックが問題だらけのダメダメイベントなのは、わたしの過去記事(エージェント・アサリ(╹◡╹)の霊言 - スピリチャル9条の会〜https://boosuka-asuka.hatenablog.com/entry/2017/12/19/212931

でも明らかにした通りです。

支配者の思惑一つで、世界中から人を搔き集めて(かきあつめて)、争いのタネを作り出し、実際の紛争や戦争を開始することができるからです。

 

そしてオリンピックにはもう一つ、隠された大問題があります。

我らがヒルコちゃんに、ギャンブル中毒の方々に寄り添い、必死になってギャンブルのつまらなさを説き、中毒状態から助けだそうと頑張っている子らがいます。それが「アボラス」と「バニラ」。

 

二人からの報告によるとオリンピックなんて最初から、超大金持ち達の『鉄火場』に過ぎないのだそうです。

彼ら・彼女ら超大金持ち達からみたら、全ての競技種目は「賭け」の対象に過ぎず、東京オリンピックの場合、東京、もしくは福岡にある『秘密地下サロン』で鉄火場を開帳するわけです。

 

アスリートたちよ、目覚めなさい!!

今のままでは、あなた方は「単なる競走馬」にすぎません。

その証拠の一つとして「味の素」がオフィシャルスポンサーに名を連ね、アスリートの身体づくりを応援していると大々的に宣伝していること。人の身体を破壊するような添加物まがいの食品を大量生産し、販売し儲けているような大企業に頼るのも、もうおしまいです。

賭ケ狂いの金持ちのために「世界一」を目指すのは、もうやめましょう。そして自分を取り戻すために「道を極める」。この決意こそが大事なのです。

 

次は観客について。三密を避けるために「無観客オリンピック」なんてことまで考えているようです(^◇^;)。

 

ならばわたしから提案しましょう。それがタイトルにある「オンラインオリンピック」。

インターネットで世界を繋ぎ、バーチャル会場で一斉に「用意ドン!!」すれば良いのです。それで充分ではないですか。

 

日本で開催されるとはいえ、どうせ会場のチケットを買える人なんて極々僅かなんだし、すぐに高額転売されるのも目に見えてます。

「世界から人を集めて金儲け」はもうやめようではありませんか!!。

 

そうじゃなく、誰もが、自分の好きな時に、世界中どこでも、自分の気に入った場所へ無料で行ける。そんな世の中を、みんなの思いで創り出しましょう。

 

以上、ブースカ明日香より提案します(^^)/。

 

2021年2月2日(火)02:11

ブースカ明日香記す

大海に住み、大宇宙を何回も周り巡っているカエルさんへ

ようこそ!!

大きな海を知らない、ひふみ神示原理主義の、小さな小さな「井の中の蛙」が綴る、我がスピリチャル9条の会へ。

あなたの方からわざわざお運びいただき、感謝いたします。m(_ _)m

 

さらに、追記/2020年2月11日(木)20:44

pato・2020-08-07 19:07:04

主様へ 主様も色々有って大変だなと思い軽いノリと勢いでコメントしてしまいましたが、確かに私が私の魂を自ら消滅を選んだ場合、一緒に歩いては行けません。 私は獣にはなりたくないから魂の消滅を望みます。 お手数ですが私のコメントを削除して下さいませ。
→→テーマは、歩いて行こう、どこまでも。平和に向かって🕊、への非承認コメント

【追加2021年2月11日15:33/2018-11-12 22:16:05

pato (=フロッグインザオーシャン=周回する人=大宇宙時代=シャーリープトラ)さんからのコメントより。

【あさり(╹◡╹)>】私たちが答えられない、といえば、貴方は、今度は「そのこと」を持って私たち守護霊団の存在を否定なさるでしょう。 あるいは、明日香の妄想だと、考えるでしょうね。 しかし、言っておきます。貴方が発している質問の類は、全て123便復活を阻止しようとする思いに満ち溢れた思いからの質問ですね。 

→→確かに手拍子で熟慮のない安易な質問を送信してしまいました。すみませんでした。当然、答えられないだろうという推測も意識の片隅にありました。 

私は「ワールドメイト」という新興宗教で20年以上、2012年のアセンション当時は「アルク隊長」(アルクトゥルスの隊長)という皆神山に御社がある大本系統(?)の霊能者のセミナーや手かざしで病を治すといった真光系統(?)のヒーラーの方と御縁を持たせていただきましたが、それらは全て「スの大神様信仰」なんです。「スの大神様」= 「国常立尊」ということでした。でも、そこに真実はありませんでした。ですから国常立尊に猜疑心のあるのは本当です。 

現在、私は58歳の普通の社会人の男性です。最近、介護の仕事に転職した新人です。ですから日々の業務に精一杯で、とてもじゃないですけれど123便の復活を阻止しょうだなんて心の余裕(?)は1ミクロンもありません。 

ですが、仕事のストレス発散で飲酒が過ぎると理性が吹っ飛び、「スの大神 = 国常立尊という過去の無意味さ」に対して同傾向の他者をみかけたと勝手に思い、貴ブログに対して暴言を吐いてしまったという事が真実です。 別にどうでもいいんです。私はデセッションして魂が石になっても構いません。

ですが、例えば、現実社会において只今の人間を救えるのは、リアルな医療福祉の仕事が第一だと思いますので、スピリチャルが第一ではないと思います・・・

 

審神者ひふみ神示:patoさんの疑問より〜https://boosuka-asuka.hatenablog.com/entry/2018/11/10/233556 

 

 

《追伸2021年2月2日03:32/大きなカエルさんから昨晩いただいた最新コメントで判明したことがあります。それは彼が「酩酊すると徹底的に論争を仕掛けたくなる性癖がある」こと。これまた自らの文章で打ち明けていただきました。(このコメントそのものは、別途保管の上、即座に削除しました。)カエルさん、正直に打ち明けていただき、誠にありがとうございます。わたしはこれ以上、酔っ払いの戯言には付き合うことなどできません。ショットバーの店長をしていた時、酔って絡んでくる悪質な客に対して「お代はいただかない。だから二度とくるな!!」と言って追い返したことを、懐かしく思い出しました。(^◇^;)それともう一つ。わたし宛のあなたの質問は、ひふみ神示を読めば全てわかります。「神示」は八通りに読めるのだから、あなたの納得する答えが出てくるまで読みなさい。以上。》

 

さて、「昨年の8月某日から、呪詛が効かない世の中となることが神代移行の絶対条件である」にもかかわらず、未だに怒りと無理解から、他人を攻撃することに終始する人がいます。

その姿はあたかも、交通ルールを守って制限時速内で走っている車を、チンタラ走っていると決めつけ、そんな車に対して、煽り運転(あおりうんてん)をすることや、運転手にたいして罵る(ののしる)ような暴力行為を容認する事と等しいとおもうのですが、いかがかしら?。

まぁ、制限速度を守って走っているパトカーを散々煽った上で、文句の一言でも言えるというのなら、、

あるいは、現場に急行するパトカー、救急車、消防車を追跡、もしくは抜き去ることができるというならば、あなたがそんな考えをもっていたとしても許してあげるけど、、

 

その理由は、頭の良いあなたなら言わなくたって理解できるよね?。

 

次に、あなたは頭が良いから、今の目まぐるしい世界情勢に対して、まるっきりスピード感のない、枝葉末節の、ひふみ神示原理主義によるブログなんて読んでも、何も世の中に寄与するところなんてないし、つまんないよね。

とあるスピリチュアルなブログに迎合して貴重な時間を消費するなんて、あなたの人生にとって無駄以外の何物でもないだろうし、なにより、あなた本人の学びが浅いものになりかねない。

それじゃあ、ダメダメだ。うんうん、わかるわかる d( ̄  ̄)。

 

なので、わたしは以下のブログをあなたにおすすめします。おそらくだけど、あなたならば、こちらのブログ主さんとすっごく気が合いそうだし、話も弾むと思いますよ。少なくとも、ブログ記事に対するコメントを一切無視されるようなことはないでしょうね。→→https://plaza.rakuten.co.jp/atheistsho/diary/201308030008/

 

こちらのブログに頭の良いあなたが、とても共感を覚えそうな言葉がありました。まことに勝手ですが、引用、紹介しちゃいます。

>前略~~

最後に、ものすごく久しぶりにクリスチャンな方々に一言。人に広める前に、まずあなた方が教理を全て理解しましょうね。自分でも分からない、理解しきってないモノを人に「真実だ」などと嘯いて吹聴して回る行為は詐欺に等しいですよ?

 

ね、どこかの「スピリチャルなブログ」に対する、あなたの思いとおんなじでしょ??

 

ちなみに教えておくと、ひふみ神示には、卍(仏)も十(キリスト)も全て救うと書いてあります。だけど、大宇宙を周回していらっしゃる『あなた』からみれば、どうでもいいよね?。

わたしがN氏から聞いたところによると、キリスト、ブッダマホメット。三人そろって、高天原山で「くにとこたちのおおかみさま」からいろんなことを習ったそうです。これを伝え広めることで、三人とも偉大な宗教の教祖になったといいますから、ひふみ神示の記述って、まんざら嘘でもないんだけどね!!!そんなこともどうでもいいよね?ひふみ神示で宗教に埒をつける(らちをつける)とあるのは、宗教の大元が「くにとこたちのおおかみさま」の教えそのものだからこそ可能なのです。ひふみ神示は「教え」ではなく、人が歩むべき道を示しています。》

 

で!!!!

これが最後、と宣言したコメントは嘘だった。

あなたの活動の妨害ではない、というコメントも嘘だった。

ヤハウェ」と「くにとこたちさま」をわざと混同して、混乱を招こうとし、し続けた。

いたずらに、火球による滅亡を煽り続けた。

 

人に対する悪口は、建設的な意見とはいえませんし、真実とは全く無縁なもの。言論の自由以前の問題です。これは、頭の良いあなたならば充分にご理解いただけることと存じます。

攻撃」と「交流」は、同列に置けない、、もんね〜。

 

あのね、言っとくけども、文章の波動っていうのはね、名前だけ入れ替えても、心を入れ替えないままならば、まったく同じなんだよ。(ほらほら、聞くに堪えない愚かなブログ主の与太話がまた始まった!とおもっているでしょ?はてなブログのコメント管理ページに表示される「IPアドレス」から、ある程度だけどコメント主は特定できます、よ!!。)

 

というわけで、以上

自分のブログ読者を救えない、ちから不足の、存在価値がない。井の中のカエルには、このような場当たり的で、枝葉末節な部分しか指摘することができませんので、お許しくださいませ。 

あっ、そうそう。この文章そのものなんだけど、決してあなたへの攻撃ではございませんわよ。

だってこの文章、そのほとんどの部分は、あなた自身が綴ったコメントの文章を再構成しているのだから(^^)。

ただし、それらのコメントは、小学生並みの判断力しか持ちえない「わたし」が、非承認としています。

ゆえになにげに??あなたのコメントそのものの紹介文にもなってますので悪しからず。

以上、ブースカ明日香より

 

フロッグ・イン・ザ・オーシャン=周回する人=大宇宙時代さま

 

追伸

上記のブログ(→→【雑談】どうでもいいお話とかお礼とか | Anti-Christianのバイブル研究 - 楽天ブログhttps://plaza.rakuten.co.jp/atheistsho/diary/201805250000/  https://plaza.rakuten.co.jp/atheistsho/diary/201308030008/では以下のスタンスでブログを執筆しているそうです('◇')ゞ

>そもそも「相手の土俵で相手の主張を尊重しながら否定して行こう」というスタンスであるが故の検証や吟味、考察なのでありまして。

単に「一神教って鬱陶しいよね」とか「宗教ってイマドキねぇ」と切り捨ててしまわないようにするのって、結構大変だったりするんですよね。いちいち資料を探し、字引を引き、同じ個所で違う表現は無いかと聖書自体の種類を変えたり、そりゃもうかなりの労力を使う作業でございます。見返りは全く以ってございませんけれどもね

というわけで、大海に住み、大宇宙を周り巡っているかえるさん、さようなら!!

井の中のちいさなカエルより

 

2021年01月30日(土)00:16

ブースカ明日香 記す

北極ミミズさんより

「ウエルカム神代」様へ

ご質問拝受しました。ありがとうございます。

国常立尊にお尋ねしたところ

「食事は喜びの時間であるべきである」と、

「かって」という2つの言葉が降りてきました。

つまり、食事を戒律でがんじがらめにすべきではない。食事は、それを楽しむ時間にしなければならない、ということでしょう。すなわち「四つ足のものは絶対に食べてはならない」と言うことではない、という意味に取れますね。

ただ、だからといって肉類を好きに食べて良いというわけではないことが、次の「かって」という言葉からわかります。

人間は、命ある動植物を食べないと生きていけません。そのため、人間の「勝手」で、動物を「狩って」みたり、人間に都合よく「飼って」みたりして、都合よく生活に利用してきました。そのような人間の自己勝手はもう許されないということでしょう。

 

f:id:boosuka-asuka:20210127184348j:plain

 

この写真は、わが家の近くのお店の野菜ランチです。動物由来の食材は一切使われていません。自家製の野菜や豆腐、雑穀米のご飯と味噌汁のランチですが、とても美味しく、満足感があります。「お勝手」において、こういう手間ひま掛けた食事を無料で誰でもゆっくり楽しんで、食べられる。そういう神代の時代がすぐそこに近づいている。きっと、そうなりますよね!!

ウェルカム神代 2021-01-25 00:12:55

日月神示の時節を読む」というブログにおいて大本教の教祖さんや神示の言葉を引用し、しきりに人が肉食することを禁止していますが、国常立尊様たちは肉食についてどのように考えているのですか。やはり私たち人は土から取れた野菜を摂取するべきなのでしょうか。

2020年1月27日22:56

原文・北極ミミズ

校正、構成・ブースカ明日香