スピリチャル9条の会〜〜boosuka-asuka’s blog

我らの戦いとは、相手を消滅することではない。 武器なきたたかいの勝利とは、「愛」で全てを包み込み「神人一体」の世を創り出すことなり。 我らと「ごく一部の存在」とのたたかいは、剣ではなく、「憲法」を以てたたかえ。そのための9であり99である。 ペンは剣よりも強し。繋がりあい励ましあいたたかえ。 とある存在の霊言より 御筆先・ブースカ明日香

戦争回避の方法、台湾海峡編

ア火ハ(アホバ)の巻、第十六帖(四八五)

日の大神様は日の御働き、月の大神様は月の御働き。

日の大神様も世の末となって来て、御神力うすくなりなされてゐるのざぞ。日の大神様も二つ、三つ、自分一人の力では何事もこれからは成就せんぞ、心得なされよ。

神示で知らしただけで得心して改心出来れば大難は小難となるのぢゃ。やらねばならん。戦は碁、将棋、位の戦ですむのぢゃ

人民の心次第、行ひ次第で空まで変ると申してあろがな。

この道理よく心得なさりて、神の申すこと判らいでも、無理と思ふ事も貫きて下されよ、これがマコトぢゃ。
八月五日、ひつ九のかミ。

 

神坂新太郎氏によりますと、戦争を勃発させるに当たり一番重要なのは、戦闘が交わされる特定の空間にバトルフィールド(以下、B -フィールド)」を作り出すこと、なのだそうです。

 

ではこの「バトルフィールド」とは一体何ぞや?神坂氏にお聞きしました。

神坂新太郎>

それは空気爆弾」の記事中に出てきた「人工天体」そのものであり、その応用です。特定の空間を巨大なプラズマで覆ってしまうわけです。そうする事により作り出される「人工的電磁空間」と言い換えても良いでしょう。

 

宣戦布告がなされ、敵対・対立する者同士が戦争・戦闘に使用する各種兵器・武器は、全て同じ「軍事特許技術」、同じ原材料、ほぼ同じスペックで出来ています。従って、形や大きさの違いはあるものの、彼我の(>ひがの)戦闘用/哨戒用航空機、戦闘車両、潜水艦を含む戦闘艦船、あるいは大砲、ミサイル、レーダーなど、戦争のための道具は「同一の工業製品」と言えましょう。

これら「戦争用工業製品」の動き・働きそのものをコントロールするのに必要なのが「B -フィールド」なのであります。強力なプラズマで満たされた空間がなければ、それらは武器としての機能を発揮できません。

 

そしてもう一つ「戦争に一番重要で必要なこと」があります。それはすなわち「兵士達の平常心を失わせ、狂気へと駆り立てる」こと。

これも「B -フィールド」の形成が極めて重要であり、フィールド内の強烈な電磁波が人体及び思考回路に影響を与える事で初めて人を狂わせる事ができるのです。

 

ここで更に重要なのは『B -フィールドは決して、科学技術のみでは形成できない』。じゃあ一体何が必要か?というとそれは「神」。「神さまという存在そのもの」なのです。

 

バカいうな!!とおっしゃるなかれ。日本の神々は、この三次元空間そのものを形成している「根源の力」ともいうべきものをどこぞから受け取り、日々お力を発揮しているのです。なればこそ、この三次元世界が存続していると言えます。

我々「軍事科学者」は不遜にも、我々の存在そのものの根源である「日本の神」の封印により、愚かなる戦争に明け暮れていた。これも今回、深い懺悔とともに告白いたします。

 

戦争に加担する神道関係者の諸君、我とともに日本の神々の裁きを受けるべし。

2022年1月10日早朝、神坂新太郎 拝

 

※ということは・・

『B -フィールドを無力化することで戦争そのものを阻止できる!!』ことになりますね(^^)

 

そもそも不安定な海上で、艦船同士が砲弾やミサイルを撃ち合うことなど絶対に不可能なのです。実はこれ、航空機も然りです。ある友人の助言によると、

オーラみたいな膜、「場」という囲いを張らないと物体が固定できないのは生き物と同じ。』

なるほど納得の解説です。ウソだろ、と思う方はユーチューブで、「ラジコン戦艦大和」の進水式という動画をご覧になっていただきたい。その理由がわかるはずです。

 

ともあれ、昨年(2021年)「相手」が長期間(=百年以上)かけて準備を積み重ね、いよいよ最後の仕上げに取り掛かろうとしていた「中台戦争」を、わたし達ミッションチームがどのようにして完全に潰したか?

読者のみなさまに改めてご報告いたします。m(__)m

 

時は溯り・・

台湾の日本統治時代、霧社(ウーシェ)事件という「台湾原住民」への弾圧事件が起こりました。これを筆頭に、日本の軍警によるさまざまな少数民族弾圧が続きます。

第二次世界大戦後、国共内戦により、中国大陸から蒋介石率いる「国民党」が台湾島にやってきて、支配を確立。台湾=中華民国になります。

〜2020年11月16日〜

あ>ここで重要なのは、国民党=日本の陸軍か海軍閥・・ですよね、くにとこたちさま?(^◇^;)

 

国>《それには応えてくださらず、、》中国と台湾には高度な霊能力者がいたし、今も居る。ユタ、アイヌブードゥー教などは問題にならぬが、旧清国の流れを汲む能力者たちが狙っておる。あの国の呪術師には要注意じゃ。だからこそ、カミムスビタカミムスビにはしっかりしてもらわないとな。

 

あ>台湾の呪術チームが、力が強いのは「あのあの神様」が後押ししてるからではないですか?(←これにも答えて下さらず💦)

昨年(2019年)のことです。横浜中華街や長崎の中華街を現地まで赴き、徹底して無力化しました。その時、日本(横浜)に住む台湾のボスに引導を渡したと言いますか、抱きまいらせたつもりだったのですが。どうやら失敗だったようですね・・・


ミッションメンバー>美智子さんは中国、台湾系だと聞きました。台湾呪詛はかなりと聞きますし、歴史もあると認識してますが太刀打ちできないんでしょうか。李家でしたっけ。

 

国>お前たちが真に合一すれば怖いものはない。しかし相手は威信を掛けておる。東南アジアからも来ておるようじゃ。

 

メンバー>フィリピン?

 

国>北京語を話す者が狙っておる。このミッションチームの粉砕を狙っておる。さすれば、米国亡き後中華の花が咲くからの。

 

メンバー>ほんとか嘘か知らんけど、トランプさん、プーチンさん、習近平さん、三人で組んでるらしいです。

以上

 

このやりとりから数ヶ月後〜

SankeiBiz:2021/3/28 08:22

スエズ運河、足止め321隻 コンテナ船座礁事故 国際物流への影響拡大https://www.sankeibiz.jp/macro/news/210328/mcb2103280932001-n1.htm中東・アフリカ


エジプト・スエズ運河座礁したコンテナ船「エバーギブン」=27日(ロイター)

イスタンブール=佐藤貴生】国際海運の要衝、エジプトのスエズ運河「正栄汽船」(愛媛県今治市が所有する大型コンテナ船が座礁した事故について、エジプト運河庁のラビア長官は27日、記者会見し、321隻が足止めされていると述べた。損害額は1日当たり推計96億ドル(約1兆500億円)で国際物流への影響が拡大している。 コンテナ船は台湾の「長栄海運」が運航する「エバーギブン」オランダ・ロッテルダムに向かっていた23日に座礁した。全長400メートル、幅59メートルと世界最大規模の大型船で、約1万8千個のコンテナを積載している。油漏れはないもよう。

 沿岸に乗り上げた船首の周囲の土砂は重機で約2万トンが除去された。満潮になる27日が船体移動の好機だとしてタグボート14隻で移動を試みたが、離礁には至らなかった。運河庁はさらにタグボートを投入して今週前半の事態打開を目指す。船体を軽くするため船首付近のコンテナ約600個を下ろすことも検討しているが、その場合、影響の長期化は避けられなくなる。

 アジアと欧州を最短距離で結ぶスエズ運河海上輸送物資の約12%が通る大動脈。通航不能の状態が続けば、スエズ運河より8日ほど日数を要するアフリカ・喜望峰回りのルートを取らざるを得ず、国際海運の遅れは必至。燃料費もかさむことになる。

 長官は会見で船のかじが動くことを確認したとし、外国の支援に謝意を述べたが、「技術的問題や人的ミスが事故原因の可能性がある」として調査する方針を示した。正栄汽船は25日、「荒天に遭遇して座礁した」と主張している。

 スエズ運河は1869年に開通。液化天然ガス(LNG)やLPガス、自動車などの工業部品を運ぶ船が年約2万隻利用している。

 

NHK:2021年4月2日 20時53分

台湾 特急電車の脱線事故 51人死亡 140人以上けが 鉄道当局https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210402/k10012952231000.html
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210402/amp/k10012952231000.html


台湾東部の花蓮県で2日午前、特急列車が脱線する事故があり、これまでに乗客や運転士、合わせて51人が死亡し、140人以上がけがをしています

2日午前、台湾東部の花蓮県にあるトンネルの中で特急列車が脱線しました。

台湾の鉄道当局によりますと列車には乗客およそ490人が乗っていて、この事故でこれまでに乗客や運転士、合わせて51人が死亡し、140人以上がけがをしたということです。

列車は8両編成で、このうち先頭の4両が事故で変形しているということです。

この特急列車は2日朝、北部の新北市の樹林を出発し、東部の台東市に向かっていました。

鉄道当局は2日夜、記者会見し、工事現場のトラックがおよそ20メートル下のトンネルの入り口付近の線路に転落し、そこに走ってきた列車が衝突したのが事故の原因だという見方を示し、なぜトラックが転落したのかなど詳しく調べています。

台湾は2日、多くの人が先祖の墓参りを行う清明節」の連休初日で、列車は大勢の帰省客などで混雑していたとみられます。

台湾の蔡英文総統は、台北市内の鉄道当局を訪れたあと、記者団に対し「消防、警察だけでなく、軍も支援に入るよう指示した。各部局には亡くなったり、けがをしたりした人のサポートに全力であたるよう指示した」と述べています。

以下略〜〜

 

(字幕・8日) ロイター:2021年4月9日 10:00 

台湾高官、中国が侵攻なら「最後まで戦う」 防衛力強化へ

https://lin.ee/MwIubxm?mediadetail=1&utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=talk

台湾のジョセフ・ウー外交部長(外相)は7日、中国による台湾侵攻の危機が高まっていると米国はみていると述べ、そうした事態になれば台湾は最後まで戦うと強調した。

 

配信/共同通信:2021/4/9(金) 20:16

英殿下死亡と英王室(共同通信https://news.yahoo.co.jp/articles/4df5a8c129974c070db9ca135aad4fbf66133f91


 【ロンドン共同】英王室は9日、エリザベス英女王の夫フィリップ殿下が同日死去したと発表した。英メディアが伝えた。

 

これらの「動き」と関連するのが、次の画像(1)。

地図上に描いたこの大三角形こそ、「相手」の想定する台湾有事における「B -フィールド」です。

f:id:boosuka-asuka:20220105134329j:plain

(画像1:2021年4月9日(金)18:57作成/地図=https://fukuno.jig.jp/app/map/latlng/


各々のラインについて簡単に説明しましょう。

=台湾本土、「遠東航空103便墜落事故」現場(=苗栗県三義郷【びょうりつけん・さんぎごう】)から台湾海峡へ、真北に向かう垂線。「相手」にとって「台湾鉄道タロコ号脱線事故」は、「遠東航空103便墜落事故」の補強にすぎない。

戦艦大和の沈没地点と、九州電力・川内原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市【さつませんだいし】)を結ぶ線。

川内原発を起点として、青のラインに対して垂直に交わる線。五島列島、韓国・光州、中国・大連を通り渤海湾で緑のラインと交差する。

字」=東シナ海海上に打たれた「ポイント」周辺は、赤のラインを中心線として「折りたたむ」と、壱岐対馬とその周辺の「対称点」になります。

思い起こしてください。明治の昔、この周辺で一体何があったのか?そう、日露戦争における日本の連合艦隊とロシアバルチック艦隊による日本海海戦です。

よりによって、というか「いつもの呪詛話(ー ー;)」だけども、海の神である「とよたまひめさま」と「たまよりひめさま」、お二人の姫神様が在します海域【まします、かいいき】での戦闘行為。これは、許すわけにはまいりません。

更に言えばこの「大三角形」は、みなさんへの呪詛攻撃、及び新型小型プラズマ兵器での攻撃にも多いに関連するのです。

 

 

次に、日本政府=自衛隊の動きをチェックしてみましょう。

少々長いのですが、防衛省のホームページを転載します。

防衛省自衛隊

馬毛島(まげしま)における施設整備について

https://www.mod.go.jp/j/approach/chouwa/mage/index.html

馬毛島の特性
我が国の南西地域に所在。
種子島から約10キロ離れており、2019年12月20日時点において、無人島。
平坦な地形であり、滑走路等の施設建設が比較的容易。

f:id:boosuka-asuka:20220110081425j:plain

(画像2:2021年4月9日(金)21:15/種子島対馬相似形に注目!!

馬毛島における自衛隊施設整備
馬毛島自衛隊施設を整備する必要性

我が国を取り巻く安全保障環境は格段に早いスピードで厳しさと不確実性を増しています。
我が国の周辺には、質・量に優れた軍事力を有する国家が集中し、軍事活動の活発化の傾向が顕著となっております。

我が国島嶼部に対する攻撃への対処等のため南西地域に自衛隊の活動拠点を整備

南西諸島は南北に長大ですが、自衛隊の施設は限られており、自衛隊配備の「空白地域」になっています。
緊急時の活動拠点、平素の訓練拠点が必要となってきています。

f:id:boosuka-asuka:20220110081308p:plain

(画像3:2021年4月9日(金)21:12画像(1)青のラインと相似形

アジア太平洋地域における米空母の活動を確保し、日米同盟の抑止力・対処力を維持・強化

米空母がアジア太平洋地域で恒常的に活動するためには、FCLP施設が我が国に必要です。
硫黄島は配備地(岩国)から遠く安全性が問題となっています。

f:id:boosuka-asuka:20220110081341j:plain

(画像4:2021年4月9日(金)21:12/硫黄島に注目!!

自衛隊馬毛島基地(仮称)ができれば、我が国の平和と安全に非常に大きな意義があります。 大規模災害発生時には、この地域における救援活動が、より的確に行えるようになります。


FCLP(空母艦載機着陸訓練)とは
FCLP(Field-Carrier Landing Practice)の概要
FCLPとは、空母出港前に空母艦載機パイロットの資格を回復するために必要な訓練です。

FCLP訓練は、年間概ね1~2回を予定しています。            
現在硫黄島で実施されている訓練は1回当たり10日間程度で、訓練は日中から深夜にかけて実施します。
なお、事前の準備を含め1回の訓練期間は、約1ヶ月で実施予定です。


FCLP施設整備の経緯
FCLP施設に係る主な経緯
FCLP(空母艦載機着陸訓練)は、空母ミッドウェイが横須賀を母港化した昭和48年に三沢、岩国の各飛行場で開始され、昭和57年からは主として厚木飛行場で実施していたが、市街化が進展したため、特に夜間の訓練(NLP)による深刻な騒音問題が発生。(平成24年5月には、厚木飛行場において3日間訓練が実施)。
また、米側も厚木飛行場では十分な訓練ができないとして、 代替訓練場の確保を要請。暫定措置として平成3年から硫黄島での訓練の一部を開始。平成5年度以降、本格的な訓練を実施。
一方、米側は硫黄島は厚木飛行場から約1,200㎞の遠距離に所在し、緊急時の代替飛行場もないことなどから訓練に種々の負担・制約があり、安全面等から早期の代替訓練場の確保を強く要請。

f:id:boosuka-asuka:20220110081401j:plain

(画像5:2021年4月9日(金)21:13・スクショ)

平成17年10月「2+2」「日米同盟:未来のための変革と再編」
恒常的な訓練施設の特定。
それまでの間、現在の暫定措置に従い、米国は引き続き硫黄島でFCLPを実施。

平成18年5月「2+2」 共同発表「再編の実施のための日米ロードマップ」
恒常的な空母艦載機離発着訓練施設について検討を行うための二国間の枠組みが設けられ、 恒常的な施設を2009年7月又はその後のできるだけ早い時期に選定することを目標とする。

平成23年6月「2+2」「在日米軍の再編の進展」
新たな自衛隊施設のため、馬毛島が検討対象とされ、同施設は、併せて米軍のFCLP施設として使用される旨記載。
平成29年9月、5年ぶりに厚木飛行場においてFCLPを実施(9月1日(金)から5日(火)までのうち、日曜日を除く4日間の日中)。
平成30年3月、空母艦載機部隊が厚木飛行場から岩国飛行場に移駐完了。

平成31年4月「2+2」
米国は、馬毛島の取得に係る日本の継続的な取組に対する評価を表明。恒久的な施設整備の早期完了のため、緊密に取り組む。


What's new
現在の防衛省の取組
2020年1月21日以降、下記の調査を実施しております。

2020年4月1日に、種子島合同庁舎内に「九州防衛局種子島連絡所」を開設しました。
連絡先 :0997-22-0523
開所時間:0830~1715(土日祝日を除く)
不在時の連絡先は九州防衛局企画部地方調整課092-483-8820となります。

以下略〜〜。

 

馬毛島(まげしま)は種子島の西方沖合に位置し、屋久島=西日本で三番目の峰々が南の守りとなります。

呪詛図形の観点でみると、種子島屋久島/馬毛島青と赤の「両矢印←→」で出来る「小さな三角形」の頂点に位置し、しかも種子島屋久島は、壱岐対馬と相似形です。

 

すなわちこの場所への自衛隊新基地設置問題は、それ自体が「台・中・日・米・韓」が絡む戦争準備のため、強大な「B -フィールド」を形成するための下準備である事がお解りでしょう。

 

次に注目して欲しいのは、屋久島の北北西に位置する「硫黄島(鬼界ヶ島)」と「竹島です。

 

その前にわたし、勘違いしてましたが、、

硫黄島島流しの島=伊豆小笠原諸島

という等式でイメージしていました。😅💦

 

ネットで調べてみるとたしかに、小笠原諸島硫黄島があります。これは第二次世界大戦、太平洋戦争の最終盤で日米の激戦が行われた島。(ちなみに、江戸時代の「島流し」の送り先は、伊豆諸島の三宅島、八丈島、新島の三島だそうです。)

 

鹿児島県の硫黄島は別名「鬼界ヶ島」

こちらは、平清盛暗殺計画を企てた「俊寛【しゅんかん】」らが流された島です。

 

そして先ほど「台・中・日・米・韓」が絡む大海戦を企んでいると書きましたがなぜこんな場所で韓国が絡んでくるのか?

それは「日韓国境問題」を大きくクローズアップさせる島根県隠岐知夫村竹島」。これと同名の竹島がこの海域に存在する事。それが「霊的=呪術的」な「動かぬ証拠」だからです。

f:id:boosuka-asuka:20220110200033j:plain

(画像6:空母いぶき(12巻)=台湾海峡海戦計画書??)

 

 

※さあ、いよいよ戦争回避の種明かし→→

ここまでみてきた通り「台湾海峡大海戦」からの「中国による西南諸島侵略作戦」のために作られた「B -フィールド」ですが、わたしたちがどの様に料理したのか??、

はい、こうしました。(^^;;;

f:id:boosuka-asuka:20220105134351j:plain

(画像7:2021年4月9日(金)21:00作成/忍法!畳返し!?

 

上の画像(7)これを一目見て意味がおわかりでしょうか?。これは「とよたまひめさま」と「たまよりひめさま」お二人のお力添えを受けて🙇‍♀️、「B -フィールド」に「甲賀忍法??畳返しの術」をかけた図、なのです。

 

※まず手始めに、台湾海峡を中心とする「海上B -フィールド図」に書かれた「赤のグルグル=渦巻き=ナルト🍥」付近に「とよたまひめさま」が封印されてましたので、救助、完了。


※「戦艦大和の沈没地点=十字(プラス)東方」ここにできている三角形を対馬の方に折ると、今度は「たまよりひめさま」の封印があり、こちらも救助完了。どおりで、対馬に「たまよりひめさま」がいらっしゃったわけです😅💦】


そして今度は鹿児島県に聳える(そびえる)開聞岳(かいもんだけ)」周辺に書かれた「水色のグルグル」をつまんで「海上B -フィールド」を中国本土方面へパタンとひっくり返したのです。つまりこれで「主戦場は中華人民共和国🇨🇳本土」ということになり、潜水艦や戦闘機を含めた海上での戦闘は絶対不可能になった」わけです(^-^)。

 

はーい、残念でした!!戦争したけりゃ中国本土でおやりなさい!!

 

ってな話しになったのですが、さすがに中国本土での戦争はできない話しみたいですね。冒頭で助言をいただいた友人曰く、

「内輪で内戦になったらなったで、諸外国が参戦してめちゃくちゃになるよ。」

だって。うーんなるほど、けだし名言なり。(^^)/

 

さて、ここまでわたしの長い文章を読んでいただいたみなさんに問います。

「戦争」ってなぜ、人里遠く離れたところからスタートするのだろう?って。

 

集団同士の「喧嘩セオリー」では、真っ先に相手のグループの一番強い者をやっつける事が勝利の近道。

だとすると、習近平さんは一億人の人民解放軍を引き連れて東京へとお越しになり、平成天皇今上天皇秋篠宮さんたちを北京に連れ帰ったら勝利じゃないですか?。あとの日本人は奴隷の地位へと落としますか?それも良い、なんて考えてますか??

この考えは、対台湾🇹🇼、対インド🇮🇳でも通用するじゃないですか?

そして中華人民共和国の支配層の皆さん(=おそらくその正体は日本人でしょうけど・・)どうせ「戦争」するならば、どうせ「己らの力を誇示する」ならば、これくらいのことをやりましょうよ。それが本当の意味での「戦争」ですから。ね??

 

一方、この日本で、日の本の国土に住まい、日の本の民でありながら戦争を望む者たちにもひとこと言いたい。

勝ち負けがある戦争を賛美するのはもうやめなさい!!

なぜなら、戦争を引き起こすことで上記の如き圧倒的な負けを被り、相手国の指導者(=支配者の操り人形)が「中国の属国である日本国の天皇」を名乗りはじめたとしても、受け入れないといけないのだから。

戦争賛成、戦争賛美の罪は消えません。

 

なので記事の最後に、世界中の王様、皇帝、帝王、そして支配者たちが、たとえ表面上でも「王の中の王」と認めざるを得ない今上天皇さんに訴えます。

今すぐ、全ての戦争の火種を、天皇の名の下に、きっぱりと打ち消すべし!!!!

 

でももし、もしかして、ですよ?皇室の皆さん方も人間ですから、公には打ち明けられない秘密がおありかもしれませんし、それが原因で戦争を止められないのかもしれません。

なにせ世界中には、さまざまなレベルの呪術者、呪術チームがいて、スパイ組織も横行しているわけです。彼らの一番の得意技=力の源泉は、とにかく相手の弱みを握ることです。

 

もし、日本の皇室の皆さんがそんな卑怯者たちのいいなりになっているとしたら、こんなに悲しいことはございません。が、一つだけ解決の道がございます故、ここでその方法を提起いたしましょう。

 

もし現皇室のメンバーに「天皇失格」とされるような罪を犯している者があるならば、全てご本人の口から己の罪を認めていただく。これしかありません。

 

で、その後どうするか?それも単純明快です。これまたご自分の口からこのように言葉を発するだけです。

 

「これだけの罪を犯した私たちには、これ以上天皇を続ける資格はございません。従ってこれまで、私たちに対してあれこれ指図してくださった自称「裏天皇」様に、わたくしの天皇の地位をお譲りいたします。」

 

このように、たった一言、簡潔な言葉で「宣言」するだけで良いのです。名付けて、

責任転嫁大作戦 (^◇^;)💦💦💦💦💦

https://youtu.be/j0iqZW-LjKs

 

自らが持つ「弱み」で他人の言いなりになることほどバカバカしいことはありません。そんな「弱み」は、自ら一切合切捨ててしまえばいい。さすれば、どんな呪詛も卑怯者も怖くない。ゆすり、たかりで金をやり取りすることも、一切なくなること請け合いです!

 

以上、冗談みたいな本気の提案で、この記事おしまい(^^)/

 

2022年01月10日(月)23:21

校正作業終了・2022年1月11日(火)00:08

第二回校正・1月13日(木)05:30

審神者 ミッショングループ(((o(*゚▽゚*)o)))♡

ブースカ明日香 記す

御礼m(_ _)m 300万PV

記事数は、これを入れて299(^◇^;)💦

 

※数の暴力、数の呪詛。いろいろ扱ってまいりましたが、、

アクセス数が「キリ」のある数字を超えるのは、単純に嬉しゅうございます。

読者の皆さま、ご愛顧感謝いたします。引き続きよろしくお願いします。m(_ _)m

f:id:boosuka-asuka:20220103100423j:plainf:id:boosuka-asuka:20220103100432j:plain

2022年1月3日(月)10:05

ブースカ明日香 拝

予習その③→→追記事項(お知らせ)

予習その③

「なおとおにさぶろう」の記事を改定しましたm(_ _)m

 

そしてさらに「北極ミミズ」さんによる重要な審神者をお知らせします。なんと!?

 

出口王仁三郎ラスプーチン

=カールマルクス

だったのであります。Σ(-᷅_-᷄๑)

 【えっと( ̄▽ ̄;)更に追加します。ミミズさんの審神者によると、カールマルクスエンゲルスだそうです(^^;;  2022年1月11日(火)07:01】

元より、いわゆる「陰謀論」の世界やスピ的な記事に「マルクスロスチャイルドなどの手先」などの記述が散見されました。それがまさか「同一の八百比丘尼」であるとは、わたしの予想を超えてました。m(_ _)m

ヒューマノイド=奴隷の解放は、まさに「神・人、一体」でしか成し遂げられない!!。

この「おふで」の記述の正しさを改めて実感しました。

以上

2021年1月2日(日)06:00

ブースカ明日香 拝

神坂新太郎さんより

 

神坂新太郎氏が登場するわたしのブログ記事が、非常に長文なのです。( ̄▽ ̄;)

実は先程、神坂氏ご自身からの要請を審神者として受け取りました。よって改めて神坂氏の告発部分を抜粋し、記事としてお届けします。m(__)m

→→

神一厘の経綸(3)/並行世界終焉計画と原子爆弾の正体https://boosuka-asuka.hatenablog.com/entry/2019/09/16/001304

 

さて、これらの「大破壊」に欠かす事のできない「ファクター」があります。それが原子爆弾」「水素爆弾

 

大東亜戦争」敗北を予感した彼らは、1945年4月7日(=30)、戦艦大和拉致監禁した高松宮を生贄【>いけにえ】にした上で・・

1945年8月6日(=33)広島

1945年8月9日(=36)長崎

この日本で空気爆弾を炸裂させました。

 

ヲイヲイ、何だよ。空気爆弾ってよ!?(ーー;)

オメー、バカじゃねーか?

という声が聞こえてきますが、・・(F)−1

空気爆弾とは、混合気化爆弾と言うべき物であり、広島と長崎で炸裂した「原子力爆弾」の正体とは、実はこれである。

(F)−1

→→

※(F)−1の解説は、神坂氏による。《→→2022年1月2日03:53》

 

わたし自身は、原爆地上爆破説を支持してきましたが、真実を探るうちに、全く新たな説を審神者することになったのです。

なので以下、審神者の内容を記します。・・(F)−2 

混合気化爆弾の原理について

>神坂新太郎氏よりどなたか?より【→2022年1月2日(日)03:15改正】審神者 ブースカ明日香

 

混合気化爆弾とは、プラズマ技術を駆使する事で可能となる爆弾です。

皆さんに知らされていないプラズマ技術の一つに、目に見えない「人工天体=プラズマ天体」を空中、もしくは異次元(ただし、あくまでも三次元内の異次元)に作り出す方法があります。

この技術を完成させるためには、最低三ヶ所のプラズマ発生装置が必要になるわけですが、第二次世界大戦より以前から、巨大秘密地下施設が豊富に存在した広島、長崎。それらの郊外に位置する山の頂きに、地下施設の一貫として、大型プラズマ発生装置も建設しておりました。こうして、ターゲットの都市(広島、長崎)上空に巨大な人工天体を三つ作り出します。もちろん、人工天体の大きさは自由に変えられます。

一つ目の人工天体には「酸素」、二つ目には「水素」、そして三つ目には「放射線の元」を目一杯仕込んでおくのです。

三つの人工天体は、それぞれ比重が異なりますから、三つが重なった状態でターゲット上空に浮かべておくことが可能です。

ここに、起爆スイッチ代わりに、なんらかの形で「放電現象」を引き起こすと、一つ目の天体の酸素と、二つ目の天体の水素が一気に混合し、大爆発を引き起こします。そして同時に、三つ目の放射線の元から、大量の放射能が発生するのです。これが、広島、長崎の原爆の正体。

爆発に必要だった放電は、各都市を巡航している市内電車を漏電、ショートさせて作り出しました。

爆破の原理や威力については、飛行船ヒンデンブルク号爆発事件を、ターゲットだった日本の都市については、空爆、空襲や機銃射撃攻撃の有無を調べてみてください。

もちろん、爆発による破壊力は、飛行船爆発どころではありません。また爆弾や銃器などの「火花」でも人工天体発火の恐れあり、でしたから、支配の中枢がアメリカと通じていたならば、ターゲット都市への「攻撃」そのものが「厳禁」されていたはずです。

それともう一つ、非常に重要な事。爆弾を満載したB-29は、航空力学上、空を飛ぶことは不可能であるこの純然たる、厳然たる力学上の事実です。

とにかく、このタイムライン、この並行世界で、これらの開発と実際の爆発に関与した、わたくしの後悔と反省を込めて、ここに告白いたします。

以上 

(F)−2

 

1945年、本来なら大日本帝国が、連合国の各主要都市で「原爆=空気爆弾」を炸裂させまくり(もちろん、連合国の指導部とは、裏でツーカーな仲)圧倒的勝利を飾った上で、一気に世界の軍国化を達成。その後「レジスタンス」に対して過剰な攻撃を加えることで、「一つの並行世界」を滅ぼし、絶対的支配者である少数だけが次の並行世界に逃れる予定でした。

ところが戦争の結果は、日本の敗北。そして戦後は敗戦国として、大っぴらな再軍備などできなかったのは、皆さんご存知の通り。

それでも、文化、芸能、音楽、仕事などを通じて、「日本人再軍人化計画」は着々と勧められます。これらも先に述べた「思考誘導戦略」。まさに綿密に計算され尽くした「論理」なのですがそれらは全て、失敗しました。

 

失敗した以上、それらの戦略/論理は机上の空論です。しかし・・(F)−3

これら一連の机上の空論の本質とは、それらが並行世界終焉計画と密接に連動していた事なのです。

そして実際、多数の並行世界が滅亡しているのです。

(F)−3

 

 続く

ブースカ明日香 記す&審神者

2019年9月16日(月)0:11

 

2022年1月2日(日)03:35・ブースカ明日香

現世のエピローグ

戦、支配、差別の世界は、今年いっぱい(後30分程)で全て終わりにします!!

 

うましあしかびひこじのかみの名に置いて。

福山明日香

 

なお、ここまで書いた「予習の進め」は、世界のあちこちで、人を食い物にし、三次元の時空間をめちゃくちゃにしている全ての「支配の実行者」を丸裸にする「基礎知識」です。

まもなく、三次元存在であるわたし達は、全ての真実を知るでしょう。

 

三次元に存在する、全ての「善神」達とともに、この三次元に存在する悪と外道にらちをつけ、新たなる神の世界を皆さんとご一緒に作り上げてゆくことを、うましあしかびひこじのかみの名前とその責任において誓います。

2021年12月31日23:30

福山明日香

予習その→→⑤フィラデルフィアとモントーク

さぁ、いよいよ予習講座も終わりに近づいて参りました😅💦💦(まだあるのかよ!となるでしょうか?いえいえ、あのー、そのー、、この文章を書いているわたしが、全力を傾けて頑張っております(;´Д`A)

 

色々と寄り道しているようでその実、一応道は踏み外してないという自負はありますが、実際はどうなのやら。( ̄▽ ̄;)

 

プラズマ研究者、ラインホルトと神坂新太郎

日本航空123便事件をスピ的観点からみるにあたり、このお二人の名前は絶対に外せません。まさに「知る人ぞ知る」物理学者です。

f:id:boosuka-asuka:20211231221035j:plain

(画像1:グーグル検索画面より)

f:id:boosuka-asuka:20211231221050j:plain

(画像2:グーグル検索画面より/謀報→諜報だと思う(^◇^;) )

 

画像(2)より

シークレット・オーガニゼーションとUFOを造った日本人 - 鳳凰http://hinotori567.blog.fc2.com › bl...

2014/09/03

関東軍の「甘粕機関」という謀報【→諜報?>明日香】組織に所属していた神坂氏は、ラインホルト博士の世話係を命じられ、博士と2人で実験を繰り返し〜〜

 

関東軍、甘粕機関、ナチスドイツ(ラインホルト博士の祖国)。スピ好きにはビビビ、とくる用語の羅列ですよね。😅

じゃあ一体「神坂新太郎」氏とは一体誰なのか?

実はこの方、わたしのブログ記事に登場したことがあるのです。わたしの審神者により「原子爆弾=空気爆弾」を暴露した方です。暴露したということは、開発にも関わっていたということです。(神一厘の経綸(3)/並行世界終焉計画と原子爆弾の正体https://boosuka-asuka.hatenablog.com/entry/2019/09/16/001304

 

日本もドイツも、最後の最後まで原爆の研究、製造は諦めていませんでした。

また、上記グーグル画面を読めばおわかりの通り、この二人は、プラズマとUFOの研究を進めていたのです。

 

日本航空123便は、呪術者による攻撃のほかに、日本国内に設置された「プラズマ兵器」によるコントロールも受けてます。その拠点の一つが、神奈川県厚木市にある電電公社(現NTT)の研究施設。

 

そしてみなさん、日本やドイツで行われた軍事研究は当然、アメリカ、ロシア、フランス、イギリス、イタリア(バチカン)、中国など超大国でも進められました。

それらの中でわたし達の目に触れるようになった、つまりその一端が表に出てきたのが、、

アメリにおけるフィラデルフィア実験であり、モントーク計画なのです。

以上。

2021年12月31日(金)23:11

ブースカ明日香 記す