スピリチャル9条の会〜〜boosuka-asuka’s blog

我らの戦いとは、相手を消滅することではない。 武器なきたたかいの勝利とは、「愛」で全てを包み込み「神人一体」の世を創り出すことなり。 我らと「ごく一部の存在」とのたたかいは、剣ではなく、「憲法」を以てたたかえ。そのための9であり99である。 ペンは剣よりも強し。繋がりあい励ましあいたたかえ。 とある存在の霊言より 御筆先・ブースカ明日香

2020年8月12日の予言


2020812日の予言


この日までに、一切の呪詛が通らない世界になる。

その時、未だ落ちていない第三の123便があらわれる であろう。そしてその機は、未だ亡くなってはいない512人 とともに大阪の地に降り立つ。


その時に、決して人間の手で123便を撃ち落とす、乗客乗員を殺す様なことがあってはいけない。その様な選択をする場合は、火玉による人類浄化がなされるであろう。



お前達に科せられた使命とは、この日までに、一切の殺意を無効にすることと心得よ。

たかあまはらやまにます、くにとこたちより


2017年6月14日(水)17:30受信
御筆先・ブースカ明日香


A prediction for the day of August 12th, 2020


By the day of August 12th,2020, the world will have become the place where any magics of curse can never be valid.


On that day, we shall see  the third Japan Airlines' flight 123 that had not fallen down  appears before us. 


and it lands at Osaka airport with 512 passengers and crew   who are not yet dead.


Humans must never shoot down the plane and never kill the people on the plane. 

If humans make a choice against this, cleansing on the human race by  the fire of god  shall be brought.


You shall know that the mission imposed on you is to invalidate any murderous intents from the world before that day.


The God of the highest order, Kunitokotachi on the Mt. Taka-ama-hara of Japan


Wednesday, June 14, 2017, 17:24 

Written down by

Boosuka-Asuka


Une prévision pour la journée du 12 août ,2020


Par le jour d'août 12th,2020,le monde sera devenu le lieu où toute magie de malédiction ne peut jamais être valide
.

Ce jour-là,nous allons voir  la troisième vol 123 de Japan Airlines qui n'avait pas tombé apparaît devant nous.Et il atterrit à l'aéroport d' Osaka avec 512 passagers et membres  d'équipage qui ne sont pas encore morts.

L'homme ne doit jamais tirer sur l'avion et ne jamais tuer les gens dans l'avion.Si les humains font un choix contre ce nettoyage ethnique, sur la race humaine par le feu de diew est portée.

Vous saurez que la mission imposée à vous est d'invalider les intentions meurtrières du monde avant ce jour-là.

Le Dieu de l'ordre le plus élevé, kunitokotachi.
sur le Mt.taka-ama-hara du Japon.

Le mercredi, juin ,14,2017,17:24
Écrit par Boosuka-Asuka

ザラブ・メフィラス・ガイア・地球

タイトルに挙げた4つの名前。

共通点はな~んだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[何度も滅びた、地球の知的生命体]

一斉開花まで、あと10日を切りました。

 

地球における「知的生命体」の歴史は、残念ながら『萌芽(ほうが)~~ある程度の文明の発展~~そして滅亡。』

この繰り返しでした。

発展~~滅亡。そして新たな萌芽。これを数億年スパンで繰り返してきました。(注1)

その繰り返しをもう許さない。これが大神様の御意志であります。

 

萌芽~発展~滅亡のサイクル。

既に7回も繰り返しているのです。

その時の地球の知的生命体の姿はどんな感じであったか?

実はこれも、そのうちのいくつかが「ウルトラシリーズ」に登場しているのです。

 

この間、わたし達【神様救助隊】は様々なミッションを行ってきました。

その中で、厳重な封印が解かれ、わたし達の目の前に姿を現してくれたのが、下のお二方です。その名も、

 

ザラブ人と、メフィラス人。 

 f:id:boosuka-asuka:20171215191241j:plain

(写真1)凶悪宇宙人!?ザラブ星人

f:id:boosuka-asuka:20171215191346j:plain

(写真2)悪質宇宙人!?メフィラス星人

 

そう、「ザラブもメフィラス」も、地球の事であり

「ザラブ人もメフィラス人」も、地球人だった のです。

 

そしてここでも、ヒルコちゃん達(写真3)と同様《カバラ結社マジック》により、超古代地球文明を築き上げた方々を、たちの悪い「外宇宙の悪者異星人」して描き出していました。

 f:id:boosuka-asuka:20171215195334j:plain

(写真3)初代、地球の知的生命体、ヒルコちゃん、バルゴン

 

ザラブさんとメフィラスさん、わたし達から見れば、巨人と言える身長です。

しかし、凶悪だの悪質だのと言うのは、まったくの言いがかりでしかなく、ウソをつくことなど出来ない、真面目な方々です。

そして、復活を遂げたお二人とも、科学者でした。

そこで、両名の研究者だった経歴を生かすべく、地球復活プロジェクトチームを立ち上げ、その責任者となっていただきました。

 

[なぜ、滅びてしまった地球の知的生命体たちを紹介するのか?]

わたし達の活動で判明した、もうひとスパンの「地球発祥の知的生命体」を紹介します。それが、(写真4)に示すような方々です。

すなわち、今の仏像やヒンズーの神々のプロトタイプとも言える方々です。

 

多面・多臂・多足(ためん・たひ・たそく)つまり、たくさんの顔、たくさんの腕、たくさんの足を持っておられる、そんな方々です。

千眼千手、という方も実際におられたそうです。

 

 f:id:boosuka-asuka:20171215194904j:plain

 (写真4)八面六臂 仏像で検索。

f:id:boosuka-asuka:20171215210734j:plain 

 (写真5)八面六臂 ヒンズー教 ポスターで検索。

 

さて、地球の歴史において、7回に渡って全く違う姿形で繁栄し、滅亡してしまった方々のうちの一部を、皆様にお知らせしました。

みなさん、その理由はお分かりになりますでしょうか?

 

それは、これらの方々が、この日本で、神様として「封印」されているから!なのです。

カバラマジックの結社員でも何でもないわたし達は、一つ一つ事実を積み上げて、彼らの存在を確認してまいりました。(注2)

もちろん、優秀なエージェントであるヒルコちゃんや、わたしの守護霊さん(元・侵略宇宙人)から教えてもらいつつ、です。

 

それぞれの方達が、その知的生命体が繁栄していた時点で『神上がり』されました。

そして連綿と現代まで、神様として存在したのです。

 

一斉開花で復活するのは、これまでの常識を超えた神々も大勢いらしゃるのです。

それは、わたし達から見れば、怪獣や宇宙人にしか見えない方々です。

 

しかしみなさん、改めてよーく考え直してみてください。

龍神さん、鳳凰さん、白い寅さん、黒いカメさんなど、いわゆる「四神」と呼ばれる神様も、わたし達から見れば「異形(いぎょう)」の方々です。

 

また、現代でも海底などに「水棲人=ラゴン」さんが居られます。(注3)

 

神様の視点で見れば、わたし達現生人類こそ「醜い存在」と映るかもしれません。

(そんなことないよ!>エンちゃん)

 

しかし今回、一斉開花と言う『ビックリ箱』が開いたとき、能力者の皆さんの衝撃が少しでもやわらぐように、予備知識としての記事を書いているのです。

 

「なりリン」や「すま神」達のインチキを許さないために!

「霊がかり」ではなく、「神がかり」になるように!

以上

 

2017年12月15日(金)21:45

ブースカ明日香 記す

 

脚注)~~

 

注1)

手塚治虫さんは、火の鳥(未来編)や鳥人大系などで、人類以外の知的生命体の存亡を描いています。それらが参考になると思います。

 

注2)

神様救助隊もメンバーは、それぞれ得手不得手があるので、それぞれミッションの中で触感や霊視が得意な方と、霊聴が得意なわたしとの共同作業で、名前などを確認しています。

ザラブさんの場合は「なで肩で、いや、首がない??」みたいな報告があり、わたしはヒルコちゃんから、ネット検索を指示された上で、これ!この方です!と答えをおしえてもらい、画像で確認してもらう。

ネット上のやり取りなので、二人の感覚と意見が合って、はじめて確信となるわけです。

一斉開花により、多くの能力者が覚醒することで、これと同様の事が広範囲でおこなわれます。

 

注3)

ウルトラQウルトラマンに登場する「ラゴン」は、現代世界に生存する水棲人さん達の姿からかけ離れているそうです。

近々、記事にしようとおもいます。

 

 

宮内庁の皆様へ・ひろひとさんよりの伝言

 

[ひろひとより]

f:id:boosuka-asuka:20171213202409j:plain
(写真1)
 
こちらの記事の中に、わたくしの名前が二回ほど出てまいります。

以下、抜き書きさせていただきます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜

イスラエルの建国は、戦後のFRB体制の維持・強化のためにあった。それが変わる。

 新井信介 「京の風」 

K2Oは、「きれい(Kirei)」「気持ち良い(Kimochiii)」 「美味しい(Oishii)」をモットーに活動する会社です。

http://www.k2o.co.jp/blog4/2017/12/frb-2.php

 
〈前略〉〜〜

昭和天皇であるヒロヒト個人が満州事変後も、そのまま多くの権利を保有したままでした。ケンブリッジの「回答エンジン」がいう、昭和天皇の英国籍の問題は、このBIS創設当時に、与えられたものです。この場合のヒロヒトは、明治以降の日本国家の国家元首であるだけでなく、実は、世界金融(金融ワンワールド)の代表者でもあった、ということなのです。

〜〜〈中略〉〜〜

満州事変で、日本国としては国際協調を外れ、天皇を無視して大陸に軍事進出。ことが起きた以上、次の手を考えるのもヒロヒトでした。515事件、226事件から西安事件。さらに、南京事件。この間、宋美齢が、アメリカで、日本非難の大演説。そして、日中の全面戦争に、アメリカが中国支援の立場で参戦。それに対し、日本国として、英米に宣戦布告のパールハーバー。日本軍は「八紘一宇」を掲げて、無謀に戦線を拡大しすぎて、多くの兵士を無駄に殺しながら、最後は、敗戦。しかし、天皇ヒロヒトは退位せずに、戦後復興の希望の星になった。イカヅチさんは、ずっとつぶさに見ていたのでしょう。だから、「あれほどの天才を見たこともない」といったのです。
〈後略〉〜〜2017年12月 9日 09:24
 
〜〜〜〜〜〜〜〜
 
わたくしがこれから述べるのは、こちらの記事をお書きになった新井信介様宛てではございません。
 
ここに書いてあることが、真実であるのか?真実ではないのか?それを全てご存知であるはずの、宮内庁の皆様への言葉であると心得てください。
 
上で述べるが如く、わたくしが全ての利権を持っており「インチキ戦争」による賠償金なるものをわたくし名義で独り占めしていたのならば、あるいはわたくし名義、もしくは現役の皇室名義でこの様な「隠し財産」とも言えるものがあるのであれば、即刻手放しなさい!
 
これより先、神世(かみよ)になれば、宮内庁などという役所も役人も全てなくなるのですよ!
 
しかるに、『宮内庁最期の仕事の一つ』として「天皇家の財産は、全て世界の人民に返却すべき」という立場にたち、財産返却のための実務を行うこと。
 
地球に存在する全ての存在を愛し、慈しむのが本来の天皇であり、天皇家なのですよ。その天皇家が、隠し財産を持つなど許されません。
しかもその宝物とは、世界の人民から戦争で、搾取で、支配で取り上げた、みんなの宝物なのですよ。
これは、究極の「我よし」ではないですか?
 
よろしいですか、
もう一度宮内庁の皆様に警告いたしますよ。
これより先、一斉開花をむかえたら、ましてや三年後、わたくしが123便とともに帰ってきたならば、全てのうそ、偽りは通用しなくなります。
そうなる前に、現在ある天皇家を、普通の人間として生活できるように花道を作っていく、このことがあなた方の最期の仕事と心得てください。
 
天皇が世界の支配者である、という一切のウソ偽りを全て清算することです。
 
地球の歴史を含めた天皇家の歴史から、支配の在り方(注1)まで、真実をみなさんに教えれば良いだけの話でしょう?
 
(そもそも)裏組織に於いては、そこに集う結社員だけに教えているのでしょう?
宇宙人との関係を含めた地球支配の在りようを、本当の歴史を、人間の本当の能力を。これらの「真実」を!
これ以上、わたくしを苦しめないでください。
以上
 
ひろひと拝
 
2017年12月13日(水)19:45
お筆先ブースカ明日香
 

ブースカからの補足です]

私(=明日香)がこちらの記事を読んでいたら、ひろひとさんが
 
「はあ?わたくしが全ての利権を持っているのですか?」と首を傾げておられました。
 
このブログで何度もお伝えしている通り、天皇、及び天皇家の皆様は、生きながらにして魂を抜かれ、死後はその魂を封印され…
その上、偽物の「御名御璽」は作られ放題でした。
 
しかし、だからと言ってそのことを持って全ての責任は無かった、などという態度は決してなされない!ひろひとさんは、このような固い決意を持っておられます。ですから
 
「それならば、言いたいことがある!わたくしが全てを認識していた、とおっしゃるならば、その責任、全て受け入れますし、心よりの謝罪も行います。その上で、全ての天皇家の財産なるものはお返ししたい!」
 
その決意を持って、今回の御筆先となりました。
表の世界に、このようなかたちで、いやどのような形であれ、出てきた以上
「いや、それは天皇の財産ではない(オレタチノモノダ)」などと言う言い訳は、絶対に許しません。
二度にわたる世界大戦の全ての罪、全ての責任を受け入れる。ひろひとさんはそうおっしゃいます。
責任逃れ、無責任を通した上で、財産のつまみ食いしかしてこなかった方々には、個人の責任において浄化・改心していただきます。
もしそれがなされない場合、その方に対する裁定は、大神様にお委ねするものといたします。
 
2017年12月13日(水) 20:44
ブースカ明日香 記す
 
脚注~~
注1)
天皇天皇家に求められるのは、「支配ではなくて、リーダーシップ」です。
 
写真1)
エンちゃんの中に、ひろひとさんの魂が入ってます。