スピリチャル9条の会〜〜boosuka-asuka’s blog

我らの戦いとは、相手を消滅することではない。 武器なきたたかいの勝利とは、「愛」で全てを包み込み「神人一体」の世を創り出すことなり。 我らと「ごく一部の存在」とのたたかいは、剣ではなく、「憲法」を以てたたかえ。そのための9であり99である。 ペンは剣よりも強し。繋がりあい励ましあいたたかえ。 とある存在の霊言より 御筆先・ブースカ明日香

2020年8月12日の予言


2020812日の予言


この日までに、一切の呪詛が通らない世界になる。

その時、未だ落ちていない第三の123便があらわれる であろう。そしてその機は、未だ亡くなってはいない512人 とともに大阪の地に降り立つ。


その時に、決して人間の手で123便を撃ち落とす、乗客乗員を殺す様なことがあってはいけない。その様な選択をする場合は、火玉による人類浄化がなされるであろう。



お前達に科せられた使命とは、この日までに、一切の殺意を無効にすることと心得よ。

たかあまはらやまにます、くにとこたちより


2017年6月14日(水)17:30受信
御筆先・ブースカ明日香


A prediction for the day of August 12th, 2020


By the day of August 12th,2020, the world will have become the place where any magics of curse can never be valid.


On that day, we shall see  the third Japan Airlines' flight 123 that had not fallen down  appears before us. 


and it lands at Osaka airport with 512 passengers and crew   who are not yet dead.


Humans must never shoot down the plane and never kill the people on the plane. 

If humans make a choice against this, cleansing on the human race by  the fire of god  shall be brought.


You shall know that the mission imposed on you is to invalidate any murderous intents from the world before that day.


The God of the highest order, Kunitokotachi on the Mt. Taka-ama-hara of Japan


Wednesday, June 14, 2017, 17:24 

Written down by

Boosuka-Asuka


Une prévision pour la journée du 12 août ,2020


Par le jour d'août 12th,2020,le monde sera devenu le lieu où toute magie de malédiction ne peut jamais être valide
.

Ce jour-là,nous allons voir  la troisième vol 123 de Japan Airlines qui n'avait pas tombé apparaît devant nous.Et il atterrit à l'aéroport d' Osaka avec 512 passagers et membres  d'équipage qui ne sont pas encore morts.

L'homme ne doit jamais tirer sur l'avion et ne jamais tuer les gens dans l'avion.Si les humains font un choix contre ce nettoyage ethnique, sur la race humaine par le feu de diew est portée.

Vous saurez que la mission imposée à vous est d'invalider les intentions meurtrières du monde avant ce jour-là.

Le Dieu de l'ordre le plus élevé, kunitokotachi.
sur le Mt.taka-ama-hara du Japon.

Le mercredi, juin ,14,2017,17:24
Écrit par Boosuka-Asuka

2017年第48回衆議院議員選挙について・その1

神様の世界と現世はリンクしている。

この法則に立てば、今回の選挙について、神々からの御意見を公表するに、何の遠慮もいらないでありましょう。

 

そもそも、世間一般では霊的存在の一切を否定しさっておりますが、こと政治の世界においては『神様からのご御託宣』によって未来が決まっている。これは、うちのブログに訪問してくれるみなさまにとっては常識、でしょうか?

 

 それと、この記事をアップするにあたりまして、読者の皆様に打ち明けねばなりません。わたくしの守護霊でもある、ヒルコの『あさりちゃん(=ナメクジ型知的生命体》』が、次のように断言しました。

 

「明日香、あなたも人喰だよ!!」

 

ガ~~~ン!!!!!

 

そうです。わたしはいわゆる血筋の人間であることは、この間自覚しておりましたが、ここまではっきり、キッパリ言われたら、もう笑うしかないのであります。

つまり、元吸血コウモリであった「もりちゃん」は、わたし自身のことでした。

 f:id:boosuka-asuka:20171017114132j:plain

(写真1)左/元宇宙侵略軍兵士のカービ・中/元吸血コウモリのモリちゃん・右/エンちゃんϵ(^.ω^)϶

 

考えてみたら、田中角栄さんがわたしの元にやって来て、日本における人喰い組織について告発したのも、わたしが人喰いの血をひく者だったからなんだなあ。

と、言う訳で、この記事は一週間後に国会議員として選ばれるであろう、わたくしの哀れなる同類たちへの贈り物といたします。

 

この世界に、あえて人外として生まれる事を選択し、誘惑に負けて人喰いになってしまった方々に、浄化、改心の最後のチャンスが訪れています。

この日本から、世界を戦争の渦に巻き込んだ挙句、自分達だけ助かろうとしても、無駄です!!!!大神様はまず真っ先に、その首謀者達の魂を消し去るでしょう。すなわち、魂の消滅です。そののち、『全ての存在に対して』最後の審判が下されます。

 

そしてこれは、ひとり支配者だけの問題ではありません。

生きとし生けるものたち、一人ひとりが、その時までに浄化改心出来ているのか?いないのか?これが問われるのです。言い訳や口八丁は通りません。

 

たった一人の過ちが、世界を終わらせてしまうでしょう。あなた達が望んでいる終末がやってくるのです。

うれしいですか???

 

議員候補者の皆様、これだけの覚悟をもって、国会議員とおなりくださいませ。

そして是非、議員となった暁には・・・いいえ、たとえ落選したとしても!人喰いから足を洗ってください。そして、御自分が食べてしまった全ての魂の鎮魂と、呪詛をかけた全ての相手に対する「呪詛解除」と、自らの改心・浄化に鋭意努めてほしいと存じます。

 

そして血筋であるならばなおのこと「全ての殺意を無くす」という大神様の大御心(おおみこころ)に沿う政治に切り替えてほしく存じます。すなわち、絶対平和主義、全ての争い、貧困、差別、支配のない社会の実現です。

 

この日本が、宇宙と世界の中心です。日本が変われば世界が変わる!のですから。

 

 

[選挙は茶番だよ!]

師匠であるN氏の言葉です。

この言葉、長らく選挙に関わっていたわたくしにとって、にわかに受け入れられませんでした。しかしあるとき、ネット上で次のようなフレーズを読んだ時、この言葉が、スト~ンと胸に落ちたのです。すなわち・・・

 

貴族院は今も機能している!!(要旨)

 

貴族院の議員は、第二次大戦が終了して後もしばらく間まで「大日本帝国憲法」によりその身分が永久、永代のものとされていました。その後、参議院へと変わりました。

でももし、裏社会において、今も永代議員が有効だとしたら?

 

すると今でも衆/参両院議の構成については、貴族院の議員達の息がかかっている者達、つまり貴族院の子孫や親族関係者「しか」議員になることができないのではないだろうか?

あるいは、これらの話し合いで、各政党の議席配分が決まっているのではないだろうか?

 つまり、国会議員と言うのは最初から、貴族院を構成していた公候伯子男(こう・こう・はく・し・だん)という肩書を持つ貴族達の名代(みょうだい)でしかないのではないか?

 

こう考えたら、選挙に関する様々なもの、ことのつじつまが合ってくるのです。


 国会議員の誰それが人喰いだ!れぷ足り案だ(トカゲ人間)!と暴き立てる記事は数多く存在します。しかしこうなってくると、国会そのものがレプ達の「巣」ということになるでしょう。

 

[選挙に関するあれこれ]

選挙事務所に詰めておりますと、選挙序盤にまず飛び込んでくるのが「選挙情勢」という名前の人心操作、誘導です。

この情報、新聞社や記者(元記者も含む)などを通じて革新系の陣営にもしっかり伝わるようであります。というか、伝わってました(~_~;)

 

その具体例として、直近の国政選挙である、前回(昨年2016年)の参議院選挙福岡選挙区を例に取りましょう。

福岡県選挙区、定数は2から3へと1名増員しました。これまでは、JM党とMS党の候補が議席を占有していました。

では、増えた議席はどの候補が取るのか?

 

ここでわがKY党(空気読めない、じゃないよ!)と宗教政党であるKM党の一騎うち、という情勢となりました。候補者は二人とも同じくらいの年齢の女性。かたや、苦労人。かたや、官僚からの天上がりを目指す者。そして、やって来たのです。

 

わがKY党の候補者が当選するかもしれない!という「選挙序盤情報」が!!

当然、わが陣営は意気があがります。さまざまな「オルグ(オーガナイザー、選挙応援団)の方が東京からやって来て、福岡に張り付くわけです。

 

そして確かにこの選挙、福岡では、JM・MS・KYが勝つ、そんな雰囲気が醸成されました。

実際わたし自身が、選挙期間前に独自で行っていた「辻立ち演説」や「宣伝署名活動」でも、ハンドマイクや宣伝カーで以下のごとく訴えていました。

ここ福岡(県選挙区)での野党と市民の勝利とはどういう状態をさすでしょうか?それはms党、ky党、そしてsh-m党(この時は、独自候補を立てていました)の三党が、福岡の三議席を占めることではないでしょうか?と。

 

そして特筆すべきことは、選挙終盤、ky党幹部を迎えた、福岡市内繁華街における街頭演説会。直前の応援演説で、「民族系右翼」と呼ばれる大日本~~党の関係者をはじめとして、弁護士、牧師など、様々な方々が、思想信条の違いを超えて、各々の良心に従って、KY党の候補者カーの屋根に登り、候補者への応援を行ったのです。

 

わたしだけかもしれませんが、これは新しい歴史が始まる第一歩!と思ったのものです。そう、革新陣営の統一ではなく、個々人による《良心の統一》がなされるものだと・・・

しかし選挙結果は、「われらの」候補者は第4位で、当選には至りませんでした。

 

 

さて読者のみなさん。実はこの選挙の過程にこそ、呪詛と金儲け、というワナが仕組まれていることにお気づきでしょうか?

 

相手を最大限に持ち上げたのちに、地にたたき落とす。これこそが、呪詛の最高の(最低の!!!)極意。

 

そして序盤の情勢分析は『票の売り買いで、一票を高額で売りつける』ための似非(えせ)情報であった可能性が大!なのです。

 

[一票なんぼ?]

わたしが関西に住んでいたころ、HYG県AMG市の市議会議員選挙の応援に駆けつけておりました。そのときに聞いた話であります。もうひと昔前ではありますが。

 

とある候補が、非常に危ない。このままでは最下位?で落選かも?となった時、向かった先。それが某宗教団体、あるいはKM党だったといいます。

 

そこでおこなわれた「密談??(情報??がダダ漏れなので、わが陣営の耳にも入って来たらしいです。というか候補者本人がバラした、ともお聞きしました)」で、一票なんぼで何票、票を買う。という密約が成立したあげく、その候補者に、宗教団体だか政党だかの幹部に対して『土下座してお願いせよ』と迫ったそうなのです。

 

おそらくですが、これと同じことが、昨年の参院選福岡選挙区で行われたのではないか?わたくしは、そのように疑っています。

常日頃より、あの「ky」なんぞに負けてたまるか!と、強い敵愾心を抱いている方々にとっては、金より一票!となってもおかしくはないでしょう。

一方、売る方からしたら、いくらでも値段を釣り上げる事が可能です。

 

実際福岡のkm党はjm党に対して「今回は票の支援はしない。」そしてあまつさえ「票をまわせ!」とjm党に迫った、との情報も聞きました。

 

つまりは、現実世界でも票の売り買いや票の移動が議員の当落に大きく影響していると考えられるのです。だとすれば、茶番と言う言葉、ますます選挙にお似合いなものになるのではないでしょうか?悲しいけれど!

 

2017年10月17日(火)0:02

と、言う訳で??仕事に出かける時間となりました。

この続きは、選挙期間中に書きあげ・・・られるかしら(^_^;)

 

2017年10月17日(火)13:08 追記

しばらく休憩します(・。・; 

 

ブースカ明日香 その2へ続く 

(編集中)キンモクセイさんへの返答

キンモクセイさんより、以下の様なコメントが届きました。


このコメントへの返答を、私の師匠であるN氏に求めたところ、次のようなコメントを頂きましたので紹介します。


神様と自分の間には本来何もありません。神社や作法はあくまでも目安のようなものです。

神様への最高の贈り物は「言葉」です。良き思いを言葉にして伝えて下さい。

祝詞も形式ですが、古来、神に仕えてこられた方々が辿り着いた珠玉の言葉の塊です。それを覚え神様にお伝えしたいと思ったならば、迷わず実践されることを勧めます。

あなたの思いはもう神様に届いています。神様はあなたから言葉をかけらることをお待ちになっているはずですよ。

以上、N氏〜〜


いかがでしょうか?

N氏の回答にある通り、祝詞は珠玉の言葉であることは間違いないのですけれど、唱え方によっては封印の継続になったりするみたいなのです。ことに、神職であるはずの神主さんが唱えているやり方は、様々に改ざんされているみたいなのです(ひふみ神示より)。


これについては、改めて調べて、ここに書き加えます。

キンモクセイさん、よろしくお願いしますm(._.)m

ブースカ明日香


2017年10月7日(日)  23:46

祝詞に関する考察、その(1)にコメントが書かれました。


キンモクセイ

自宅近所の今熊神社、一人暮らしをしていた頃の北野天満宮、仕事場近所の子安神社。

ご縁のある神社がそれぞれに宮司さんが引っ越したり、氏子さんと揉めていたり、何かと金銭にこだわる欲深神社になったり。

私には不思議な力は無いです。そんな私のような者でも、祝詞をおぼえ唱えたら、喜んでくださるでしょうか。それとも部外者は関わらない方がよいでしょうか。