スピリチャル9条の会〜〜boosuka-asuka’s blog

我らの戦いとは、相手を消滅することではない。 武器なきたたかいの勝利とは、「愛」で全てを包み込み「神人一体」の世を創り出すことなり。 我らと「ごく一部の存在」とのたたかいは、剣ではなく、「憲法」を以てたたかえ。そのための9であり99である。 ペンは剣よりも強し。繋がりあい励ましあいたたかえ。 とある存在の霊言より 御筆先・ブースカ明日香

2020年8月12日の予言


2020812日の予言


この日までに、一切の呪詛が通らない世界になる。

その時、未だ落ちていない第三の123便があらわれる であろう。そしてその機は、未だ亡くなってはいない512人 とともに大阪の地に降り立つ。


その時に、決して人間の手で123便を撃ち落とす、乗客乗員を殺す様なことがあってはいけない。その様な選択をする場合は、火玉による人類浄化がなされるであろう。



お前達に科せられた使命とは、この日までに、一切の殺意を無効にすることと心得よ。

たかあまはらやまにます、くにとこたちより


2017年6月14日(水)17:30受信
御筆先・ブースカ明日香


A prediction for the day of August 12th, 2020


By the day of August 12th,2020, the world will have become the place where any magics of curse can never be valid.


On that day, we shall see  the third Japan Airlines' flight 123 that had not fallen down  appears before us. 


and it lands at Osaka airport with 512 passengers and crew   who are not yet dead.


Humans must never shoot down the plane and never kill the people on the plane. 

If humans make a choice against this, cleansing on the human race by  the fire of god  shall be brought.


You shall know that the mission imposed on you is to invalidate any murderous intents from the world before that day.


The God of the highest order, Kunitokotachi on the Mt. Taka-ama-hara of Japan


Wednesday, June 14, 2017, 17:24 

Written down by

Boosuka-Asuka


Une prévision pour la journée du 12 août ,2020


Par le jour d'août 12th,2020,le monde sera devenu le lieu où toute magie de malédiction ne peut jamais être valide
.

Ce jour-là,nous allons voir  la troisième vol 123 de Japan Airlines qui n'avait pas tombé apparaît devant nous.Et il atterrit à l'aéroport d' Osaka avec 512 passagers et membres  d'équipage qui ne sont pas encore morts.

L'homme ne doit jamais tirer sur l'avion et ne jamais tuer les gens dans l'avion.Si les humains font un choix contre ce nettoyage ethnique, sur la race humaine par le feu de diew est portée.

Vous saurez que la mission imposée à vous est d'invalider les intentions meurtrières du monde avant ce jour-là.

Le Dieu de l'ordre le plus élevé, kunitokotachi.
sur le Mt.taka-ama-hara du Japon.

Le mercredi, juin ,14,2017,17:24
Écrit par Boosuka-Asuka

天皇に対するわたし自身の考え方と、その変遷

2017年8月26日(土)21:11

〜9月23日(土)21:12


小学生の頃、「天皇なんて死ねばいい」と家族の前で発言し、父にぶっ飛ばされました。

しかし同時に、戦争というのは全て「無償」で行われているに違いない、と思い込んでいました。誰かが、国のために無償で武器を提供しているものだとばかり思ってました…

戦争で大儲け、なんて考えもつかなかった。


放生会(ほうじょうや)の雑踏に、手や足を失った傷痍軍人が地べたに這いつくばり、隣でもう一人がアコーディオンを鳴らしながら物乞いしている姿を毎年見てました。空き箱に入っているのは、わずかなお金だけ。


大学時代、ファシズムとしての「絶対主義的天皇制」という言葉を知りました。

あるいは、明治憲法戦争における天皇の役割。

全ては、天皇の合意の元で作られた社会なのだと信じていました。


そして、戦後の戦争に対する発言の数々。許せませんでした。



月日は流れ、日本各地の浄化に明け暮れた、この半年間〜〜

なぜか、彼と関わることになり…


彼の、常に悲しみに満ち溢れているその思い、その波動を感じるなかで、

彼の親兄弟、子どもたちの「たましい」が無残な封印をされているのを目の当たりにするにつれて…

わたしの、彼への思いは変わりました。


昭和天皇裕仁さんは、20世紀最大の『冤罪被害者』である‼︎

これが、ブースカ明日香の現在の認識です。冤罪被害者は、真犯人を暴き出して汚名を晴らしてあげなければなりません。


では、なぜ彼は戦争を止められなかったのか?
自分が愛する人たちを、ことごとく人質に取られていた。
そんな中で彼は「お飾りの人形」としての権力者であった。
本当の権力者、支配者は、別に居た。
そんな人を、戦争責任者として罰するのは、御門違い。

しかし彼は、『戦争は悪くない、日本・日本人は悪くない、アジア人を差別せよ。』これら、戦争賛美の戯言(たわごと)。

彼は、この日本に、今また蔓延(まんえん)しようとしている戦争賛美をきっぱり拒否し、戦争に対する罪と罰を、全て背負い込む覚悟をなさっている。

その覚悟を目の当たりにした時、わたしは彼とともに、贖罪の旅に出る決心をしたのだ。


誰も信じてくれないけれど、小さい頃に大嫌いであった昭和天皇ヒロヒトさんは、今、わたしの元に居ます。
エンちゃんϵ(^.ω^)϶が、龍神としての修行に出ている今、マスコットの中に宿っているたましいが、ヒロヒトさんなのです。

f:id:boosuka-asuka:20170923210944j:plain

(写真1)新聞を読む、ヒロヒトさん

改めて、言います。
近い将来、真犯人さんが罪を認めて、悔い改めるか否か?それが問題なのです!
ブースカ明日香  記す

やぁ正樹さんの質問にお答えします(追記・改定あり)

やぁ正樹様
 
貴方の質問を承認しなかったのは、このように記事にしなさい、との神様からのお達しがあったからです。気を悪くしないでくださいませ。
 
あと、貴方の質問自体を紹介しておりますが、読みづらい部分を「大幅に」改定しております。こちらもご容赦くださいませ。
なお、元のコメントは、承認いたしました。
 
 
さて、うちのブログは、審神者ブログでもあります。
従って、どのコメントを承認するか否か、あるいはこの様な形でお答えするか否かまで、神様の指示が出ています。これも、神巫女(かむみこ)の勤めだと心得ております。
 
 
亡霊に関して、わたくしの見解と神様からのアドバイスを交えてお答えします。
 
まず、わたしの友人、航空自衛隊で、レーダー関連の仕事をなさっていた方からお聞きした話しです。
彼女は、レーダーの中枢である機械室への出入りもよくあったそうなのですが、幽霊目撃(談)もよくあったそうです。しかし、どうもこれは、強烈な磁場、あるいは磁界で空間が歪んでしまい、霊体が見えやすく、あるいは閉じ込められているのではないか?とわたしは思いました。
(呼び寄せられるのですよ=神様)
 
レーダーに関して言えば、自衛隊基地や艦船、飛行機すべてに設置していますよね?駐屯地や艦船、飛行機などで霊の目撃談が多いのは、ある意味当たり前だと考えられます。
 
一方、心霊体験談は、また聞きのまた聞きの場合も多く、伝言ゲームの如くに本来とは全く違う話しになってたりしますね。
 
つまり、相手(=真犯人たち)が、都合良く捻じ曲げて、話しを出して来る可能性が大きい、という事。
 
わたくしは、相手側の陰陽師集団を決して軽視しておりません。相当な能力者が、数多く居るでしょう。
つまり彼らが、亡霊たちを自在に操っている可能性も大、なわけです。
 
一方、私たちは霊たちとの会話の中で、真相をお聞きしたり、浄化、改心を促したりしております。これも、神様のご加護があってこそ、なのですが。
 
操られている方(=霊)については、その黒幕、つまり「人形使い」「猿回し」を呼び出して、これ以上の黒幕をやめるよう説得、支配を消し去った上で、真相をお聞きします。
霊本人にとって、要らぬ脅しが消えることで、嘘をつかなくても良い状態になるわけです。
また特に、子どもたちに関しては、脅しの上に恐怖が上乗せされますから、恐怖にさらされたままの状態で話しを聞くのは、かえって混乱するだけです。
これはまぁ、子どもに限らず、ですが、そのための浄化でもあるわけです。心が静かで、落ち着いた状態に持って行くのです。
 
この様に、又聞きを集めるより、当事者本人(=霊体)のお話しを集めて行くことが、真相への近道だと確信しておりますし、神様の御意志に沿う道でもあると存じます。
 
2017年9月22日9:43
ブースカ明日香拝
 
 
質問〜〜〜
いつも興味深く拝読しております。
 
  ところで、日航123便ジャンボ機事件の加害者(犯人)を、日航123便ジャンボ機の乗客や乗員の亡霊目撃騒ぎを鏡にして、真相を炙り出す方法 を提案します。
このような形での 真相追及を、ブースカ明日香様に要望 いたします。
無礼な振る舞いをお許し下さい。
 
中曽根康弘氏は、中曽根派が中々大きくならなかったことなどは「方位が悪い からだ」と言って引っ越し続けた。 それほど迷信深い人 でした。
 
また、『ジェットパイロットが体験した超科学現象』(青林堂97頁~98頁:佐藤守(元自衛隊空将・南西航空混成団司令)  より
私は、三沢の飛行群司令から市ヶ谷の幹部学校に転勤になり、 戦略教官を務めたのですが、当時に三自衛隊の学校が市ヶ谷から  目黒へ移転する計画があって、それの準備に駆け回ったものです。 
その時に東部総監部の先輩から、「今でも、総監室前には、 三島由紀夫と森田と思われる亡霊が出る」と聞きました。 「深夜に、ここを巡回する当直隊員が、何度も目撃している」と  言います。「それで、急遽(きゅうきょ)、目黒に移転するの ですか?」などと先輩を揶揄(からか)ったものです。 
 
と、自衛隊員も、軍人のくせに心霊現象を一笑に付さない。 つまり 迷信深いのです。亡霊目撃騒ぎの見聞きや又聞きでの体験談から、日航123便事故の真相を炙り出すことが可能ではないかと思うのです。
 
目撃され、騒ぎになった亡霊が本物か否かは別にして。 そしてそれらが
 
いつ頃の目撃談で、
どこで(自衛隊艦船でか、陸上の自衛隊施設でか、自民党政治家私邸でか、など)
どのような状況で(一人で、艦内を見回っている、など)
どんな亡霊と思われる人影を見たのか(いるはずのない女子小学生が、艦内通路に佇(たたず)んでいた、など))
 
その亡霊目撃談を見聞きしたり、又聞(またぎ)きした時に、自衛隊員らや自民党政治家らがどんな会話を交わされていたか(「遺体収容での感謝の念を伝えに来たのだろうか…」とか、
「救助の遅れを怨(うら)んで現れたのだろうか…」とか、
「墜落後に、惨殺されたことへの怨(うら)みで現れたのだろうか…」)などの心理面
 
自民党政治家らや自衛隊員らは、日航123便事故の真相を、本音では、どう受け止めているのかなど、日航123便事件の真相を炙り出す手法での追及を、貴ブログでの記事に して頂きたい
 
日月土(id:adoi)様や青山透子氏や山岡俊介氏や寺澤有氏や志葉玲氏や綿井健陽氏や植草一秀氏や安部譲二氏や、 
 
文芸社『524人の命乞い~日航123便乗客乗員怪死の謎』や 文芸社日航機墜落事故、真実と真相~御巣鷹の悲劇から30年』 の小田周二氏をも、
取材や編集や執筆に招聘しての、例えば、文芸社からの単行本としての書籍化(出版化)要望を致します。
 
無礼な振る舞いをお許し下さい。
 
文章改定、ブースカ明日香