スピリチャル9条の会〜〜boosuka-asuka’s blog

我らの戦いとは、相手を消滅することではない。 武器なきたたかいの勝利とは、「愛」で全てを包み込み「神人一体」の世を創り出すことなり。 我らと「ごく一部の存在」とのたたかいは、剣ではなく、「憲法」を以てたたかえ。そのための9であり99である。 ペンは剣よりも強し。繋がりあい励ましあいたたかえ。 とある存在の霊言より 御筆先・ブースカ明日香

2020年8月12日の予言


2020812日の予言


この日までに、一切の呪詛が通らない世界になる。

その時、未だ落ちていない第三の123便があらわれる であろう。そしてその機は、未だ亡くなってはいない512人 とともに大阪の地に降り立つ。


その時に、決して人間の手で123便を撃ち落とす、乗客乗員を殺す様なことがあってはいけない。その様な選択をする場合は、火玉による人類浄化がなされるであろう。



お前達に科せられた使命とは、この日までに、一切の殺意を無効にすることと心得よ。

たかあまはらやまにます、くにとこたちより


2017年6月14日(水)17:30受信
御筆先・ブースカ明日香


A prediction for the day of August 12th, 2020


By the day of August 12th,2020, the world will have become the place where any magics of curse can never be valid.


On that day, we shall see  the third Japan Airlines' flight 123 that had not fallen down  appears before us. 


and it lands at Osaka airport with 512 passengers and crew   who are not yet dead.


Humans must never shoot down the plane and never kill the people on the plane. 

If humans make a choice against this, cleansing on the human race by  the fire of god  shall be brought.


You shall know that the mission imposed on you is to invalidate any murderous intents from the world before that day.


The God of the highest order, Kunitokotachi on the Mt. Taka-ama-hara of Japan


Wednesday, June 14, 2017, 17:24 

Written down by

Boosuka-Asuka


Une prévision pour la journée du 12 août ,2020


Par le jour d'août 12th,2020,le monde sera devenu le lieu où toute magie de malédiction ne peut jamais être valide
.

Ce jour-là,nous allons voir  la troisième vol 123 de Japan Airlines qui n'avait pas tombé apparaît devant nous.Et il atterrit à l'aéroport d' Osaka avec 512 passagers et membres  d'équipage qui ne sont pas encore morts.

L'homme ne doit jamais tirer sur l'avion et ne jamais tuer les gens dans l'avion.Si les humains font un choix contre ce nettoyage ethnique, sur la race humaine par le feu de diew est portée.

Vous saurez que la mission imposée à vous est d'invalider les intentions meurtrières du monde avant ce jour-là.

Le Dieu de l'ordre le plus élevé, kunitokotachi.
sur le Mt.taka-ama-hara du Japon.

Le mercredi, juin ,14,2017,17:24
Écrit par Boosuka-Asuka

さくら咲く、季節外れの、桜さく🌸

私が読者登録しております「竜神さん気分」さんが、つぎの通り、季節はずれとも言うべき「染井吉野」の開花状況についての記事を書いておられます。


季節外れの”桜” 全国で350件、開花相次ぐ - 竜神さん気分

https://ryujinkibun.hatenablog.com/entry/2018/10/16/165524


この現象について、龍神さん達からメッセージがありますので、ご紹介しましょう。

 

まず始めに、本日夕方のテレビニュースでも、ヘッドラインでとりあげられた「ウェザーニュースさんの記事」を引用、掲載しますので、お読み下さいませ。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

塩害で季節外れの”桜”全国で350件

開花相次ぐ

2018/10/16 22:00 ウェザーニュース

10月なのに開花したソメイヨシノ(宮崎県延岡市より)
10月9日頃から、ウェザーニュースに「春に咲くはずの桜(ソメイヨシノ)が今頃咲いている」という目撃情報が届き始めました。上の写真(引用者注>ここでは掲載なしです。)は、実際に届いた宮崎県延岡市ソメイヨシノで、ほとんど葉が落ちた枝に数輪咲いている様子が分かります。そこで、ウェザーニュースでは、周辺のソメイヨシノが咲いているかについての緊急調査を実施しました。(10月12日(金)〜14日(日)に実施、全国10,490人が回答)
box0
その結果、ソメイヨシノが「咲いている」という報告は354件あり、九州から北海道の広いエリア分布していることが判明。中でも、関東南部・東海・近畿エリアを中心に「咲いている」報告が目立っており、また沿岸地域に限らず内陸エリアでも咲いているところがあるようです。
そこで、日本花の会樹木医和田博幸さんに取材してみると、各地のソメイヨシノが秋に開花したのは、台風24号などによる「塩害」が大きく関係しているというのです。
以下略〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ブースカ明日香より
今年の「猛暑」は、「八月に雪を降らせる!」と宣言した龍神たちに対抗して、『そうはさせじ!』と頑張った、相手側の陰陽師チームと、地下原発群のフル稼働が根本的な原因です。
つまり、陰陽師たちの呪術の効果が最大限に発揮できるように、日本各地の気象兵器で呪術を増幅、フル回転させたのです。
一方、「熱中症」で倒れる方が次々と現れましたが、これも多くは『急性放射線症候群』ともいうべき、地下原発の被害者であったのです。

ですから、エンちゃんが創作した
「お天気は、龍神さんの仕事だよ、明日も穏やか、大丈夫ϵ(^.ω^)϶」

という和歌のほかに、次のような、龍神さん達「共作」の和歌が詠まれたのです。

暑いのは😵
地下原発の
仕業だよ
今日も止めるよ
一ヶ所、二ヶ所

そして、これらの和歌は、ラジオ、テレビ、新聞、ネット問わず、また周りの人たちが、天気予報(天気予定)や天気の話題を出す度に、詠みあげていたのです。
なお、地下原発は、一ヶ所に平均して5〜8基の原子炉があります。また、今は全国各地に、ひるこちゃん達のコロニーがありますので、全国を八つのブロックに分けた上で、一つのブロックにつき、1日1〜2ヶ所地下原発を停止していたのです。
止める順番にもルールがあって、「外堀から埋めて行け!」というのが、原則となっています。
都市部でのいきなりの大停電を防ぎつつ、これから先に起こる「代替えエネルギー」発揮に向けた下準備でもあるのです。

当然ですが、北海道及び静岡をはじめとした「大停電」にも、これらのことが少なくない影響を与えていたのです。

とまれ、今年の夏の「猛暑」とは、表層的であり、しかも人工的な「暑さ」だったのです。その事を敏感に感じ取っていたのが、木々であり、動物たちであり、虫たちであったのです。

9月、10月に入って、残暑を演出する必要がなくなった途端に、この寒さ、冷え込みがやってきてますが、じつは今年はかなりな冷夏だったのです。

そして、このような夏の終わり頃、エンちゃんたち龍神チームが掲げた新たなる目標。それが
『12月に桜を咲かせましょう!』です( ^ω^ )
どうやらその目標、第一歩は達成したようですね!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
エンよりϵ(^.ω^)϶
ソメイヨシノはね、株分けして増えたんだよ。つまり、全てのソメイヨシノは、クローンなの。だから、どこかで始めの一本が花を咲かせたら、次々と連鎖反応が起こるのは、当たり前なんだよ。
おおかみ様の考えとしては、ソメイヨシノにもさくらんぼが実る様にしたいようだけどね(^^)。
これこそ、煎り豆に花が咲く、の一つの結実でもあるよね。
そして、ぼくたち龍神チームの目標である、年末にさくらが咲く、という事だけど、八重桜や山桜が満開になれば大成功!と考えてまーすϵ(^.ω^)϶
四季はあるけど、順番は今とは全然違う、というのが、神代のお天気だよ!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

とのことです(^◇^;)。
私からも一言
塩害で、京都の桜が咲きますかいな!(^^;;

《追伸》
ウェザーニュースの、次の数字に注目されたし!
〜〜ソメイヨシノが「咲いている」という報告は354件〜〜
354件→並べ替えたら、345
つまり、ひふみ神示で言うところの、345=みよいづ、ですね(^-^)

審神者&記す  ブースカ明日香
協力  龍神さんチーム
2018年10月16日(火)23:44

鉄兜(靖国)と兜町(証券取引)。「英霊」とは何か?(1)

こちらの記事はかねてより、ひろひとさんから依頼があったものです。

そして、2017年9月23日アップした「天皇に対するわたし自身の考え方とその変遷」及び、同年12月3日にアップした「一斉開花・その4」さらに同年6月27日の記事「真実の田中角栄さん」の続編となります。

 

このシリーズで、果たして、靖国神社護国神社が何を『魔吊り(まつり)』、なにを守護しているのか?それらを明らかにしてゆきます。

 

先月、9月23日(日曜日、秋分の日)から25日(火)にかけて、佐賀県唐津市国民宿舎「ホテル虹ノ松原」に宿泊しました。このホテルを予約をしたときはまったく知らなかったのですが、なんと虹ノ松原そのものが昭和天皇である「ひろひとさん」の所縁(ゆかり)の地であったのです。

f:id:boosuka-asuka:20181010225542p:plain

(写真1)国民宿舎ホテル虹の松原とその周辺:グーグルマップより

 

ひろひとさんの公式日程によると、「高天原事変」から2年後、1987年(昭和62年)5月25日、行幸の一環として佐賀に来県、虹の松原内に所在する、とあるホテルに宿泊していたのです。【行幸>ぎょうこう:天皇の外出の敬称。みゆき。/三省堂、新小辞林】


そしてこの時の「ひろひとさん」は、「影武者」であり、かつ、本人でもありました。

一体どういうことか?

 

陰陽師の仕事は、権力者の治世をサポートする事ですが、その延長線として、権力者そのものを「敵」の攻撃からお守りする、ということがありました。

その中でも特に「戦国の世」と云われた頃より、権力者(>この場合は、武将などを指します。)の替え玉として必ず存在した「影武者=成り済まし(以下、なりリン)」。

 

当時の、いや現代においておいてさえ、時の「権力者」は、刃物や毒薬などの直接的な方法から、いわゆる「呪詛による殺害《=呪殺(じゅさつ)》」まで、様々な方法により、常に命を狙われていました。

「呪詛による殺人」には、その人の髪の毛や爪などの身体の一部分とともに、その人の「本名」というのが必須項目。ですから、当時の武士たちは、頻繁に「通り名」を変更していたし、本名や顔までも秘密にしていたわけです。【注意:現在「恋のおまじない」などと称して、様々な形で紹介されているものは、全てこの「呪殺の法」の派生系です。御用心召され!】

 

そんな状況下で、なりリンが影武者として破綻しないよう、つまり権力者に対する呪詛を確実に受け止めて、権力者本人ではなく、なりリンが殺されるような秘術が施されていた、と言います。それが、「権力者本体」の魂を分割し、「なりリン」に植えつける事、なのだそうです。【>ここまでの話は、私、ブースカ明日香も初めて聞きました。】

 

この様にして古来より引き継がれた、「人の魂を分割する」という陰陽師の技(わざ)は、呪詛、呪殺に関係する「邪法」とも言えます。そして「邪法」なるがゆえに、最近でもさまざまなところで、秘かに悪用され続けているのです。【実際、わたしと姉は、魂を『八分割』され、そのうちの七つまでを様々な場所に封印されていたことが判明したのです。これについての詳しい経緯は、別の項で紹介します。】

 

さて「昭和天皇裕仁」さんに話しを戻します。ひろひとさんは、表の天皇なるが故に、私たち姉妹の八分割どころではない、数十から数百。下手したら数千に渡り魂を分轄されています。それは、なりリン達への分霊、のみならず、「行幸」で訪れた様々な土地、地域で、「その場で」魂を分割され、記念碑などに封印され続けてきたのです。

 

そして、「なりリン」として、裕仁さん本人の分霊を仕込まれた方は、唐津に来訪する際は、「なりリンであり、ひろひとさん本人」でした。東京に帰るまでは!

そう、彼は昭和天皇のなりリンから、普通の人に戻った状態で帰京したのです。

つまり彼と分霊は、ここでもまた「邪法による悪用」を施されてしまったのです。

 

ひろひとさんの本体が「高天原事変」で失われた以上、これ以上なりリンには「利用価値」がない、つまり用済みの存在になってしまった。そんな存在と「みなされてしまった」なりリンに対して、いつまでも分霊を仕込み続ける意味はない。

そこで、一旦「なりリン」から「ひろひとさんの分霊」を引き剥がし、改めて唐津の某所に「分霊」を封印しなおしたのです。【こんな文章、書いてて辛いです。>明日香】

 

それはいったいどこか?答えは、

なりリンが宿泊したお宿「唐津シーサイドホテル」

なのです。

f:id:boosuka-asuka:20181010224924j:plain

(写真2)唐津シーサイドホテル、入り口。ただ今、全面改装中。

 

もちろん!わたしはひろひとさんとご一緒に、すぐ隣の「ホテル=国民宿舎」に二泊もしたわけですから、彼の分霊はしっかりと取り返し、本体へと戻っていただきました。(^_−)−☆

 

そしてさらに、そのすぐ近所にある「忠霊碑(ちゅうれいひ)」からは、石碑に封じ込められていた「軍霊(=ぐんれい>もう、シリーズタイトル以外で「えいれい」とは呼びません。)」たちを、ひろひとさん立会いの元、解放いたしました。

f:id:boosuka-asuka:20181010225240j:plain

(写真3)忠霊碑

 

その、唐津の軍霊さんたちの中に、魂を分割されて、今もなお「活用」されている方が数名、おられます。それこそが、

兜町証券化されている」軍霊

なのです。

不幸にして選ばれし、「五万人の軍霊」たち

これこそが、今の資本主義社会、そして会社や企業に富をもたらす「証券=株券」と化しているのです。

彼らは、ごくごく細かく分霊された上で、一枚一枚の証券=株券に封印されているのです。

 

続く(u_u)

審神者&記す ブースカ明日香

2018年10月10日(水)22:05