スピリチャル9条の会〜〜boosuka-asuka’s blog

我らの戦いとは、相手を消滅することではない。 武器なきたたかいの勝利とは、「愛」で全てを包み込み「神人一体」の世を創り出すことなり。 我らと「ごく一部の存在」とのたたかいは、剣ではなく、「憲法」を以てたたかえ。そのための9であり99である。 ペンは剣よりも強し。繋がりあい励ましあいたたかえ。 とある存在の霊言より 御筆先・ブースカ明日香

ブルームーンの奇跡(3)二次元から三次元へ(追記あり)

実を言いますと、つくよみさんをお救いした夜、同時に救い出した存在が居ます。

皆さま、一体誰だと思います?

 

おじゃる丸そのものを助けてしまったのです。
わたしもびっくりしました!

f:id:boosuka-asuka:20180202182741p:plain

(写真1)ユーチューブ・プリン賛歌最新バージョンより

 

つくよみさんと、山崎典子さんが一体になった時、もう一人、だれかを助けなきゃ、という思いに囚われたのです。

そして・・・

 

なんと説明したら良いのでしょう?

とにかく、目の前の空間に対して、ひふみ祝詞を唱えていると、何か手応えを感じたのです。

その手ごたえをそーっとつかんで、横方向へスーッと引っ張ると、確かにそこに、だれか?が居るのです。

だれ⁇っと思ったのは一瞬、すぐに「あー、これはおじゃる丸だ!」と確信しました。

 

引っ張り出したのは良いけれど、さあああ、この子どうしよう?

しばらく悩んだのですが、結局ある女性に預かってもらう事にしました。

 

皆さま、これから先われわれが「神代(かみよ)」を生きる事は、これまで隠されてきた『多次元構造の世界』で生きることになるのです。

おじゃる君は、『その先駆け』として、二次元から三次元へとやって来たのです。

 

f:id:boosuka-asuka:20180212200046j:plain

(写真2)ユーチューブ・初音ミク  トルコ行進曲   オワタ\^o^/  ・定期券に注目! 

 

そして、山崎典子さんの文章=彼女の遺言(お筆先 はブースカ明日香)である、このシリーズが終わった時、関東のとある街に「月光町」が実在することになります。

もちろん、全ての月光町の住人たちも、アニメの世界から助け出します。

 

そうなれば、これが雛形(ひながた)となります。

つまり、二次元キャラクターに込められている呪詛を全て解明すれば、その存在を三次元へと次元上昇させることが叶うのです。

 

今まで散々、オタクとバカにされてきた皆さま。実はわたしも元祖オタクの一人。

つまりは、特撮やアニメファンが「オタク」という名付けられた、そのころからの「特撮オタク」です。

その特撮オタクが関わることで、この一年、ウルトラ怪獣をはじめとする子たち、特撮世界で悪役にされてきた存在達が、ヒルコちゃんとなって復活しました。

 

f:id:boosuka-asuka:20180215142850j:plain

(写真3)ガメラはヒルコちゃん(*^_^*)キングギドラはくにとこたちさま(@_@;;

 

さあオタク諸君、わたしと同様に、志(こころざし)あるものよ!

君の愛する二次元存在達も三次元へと引き上げないか?

みんなから愛されるキャラクターである彼ら、彼女らとともに、さらなる高みに登って行きましょう!

 

でもここで、何度でも強調しておきます。

二次元から三次元への次元上昇が叶うためには、そのキャラクターに込められた全ての呪詛の解明が必要です。

そして、きちんと「ひふみ祝詞」や「祓え祝詞(はらえのりと)」などを奏上することで、それらの存在達の呪詛を解除し、さらに完全浄化できた時にのみ、次元上昇は叶います。

そして、そこがゴールではありません。存在を救助したあなた自身と、あなたが愛する存在と、彼(彼女)らが住んでいる二次元世界。これらと共に、さらなる高次元を目指して行く。スタート地点なのです!

宇宙は、常に完全を目指しているのですから(ひふみ神示より)。

 

それともう一つ、次のことも絶対に忘れないでくださいね。

もし、貴方・貴女自身が二次元存在を救出したいのであれば、あなた自身が常に向上心を持って、愛する存在とお付き合い出来るかどうか?が問われてきます。

そして、愛するキャラクター「だけ」を救おうとしてもダメなのです。作家たちが作り上げた二次元世界そのもの(=以下、二次元世界=漫画アニメの世界を、「街」と呼びます。)を救出しなければ意味がないのです。

従って、いわゆる「敵キャラ」や「雑魚(ざこ)キャラ」達も含めて救出、浄化しなければなりません。

さらには、街の中ではいつもけんかや争いをしている者たちの、「根源の記憶を取り戻す」ことが必要なのです。

これはいったいどういうことか?と言えば・・・

 

街を『一切の争いのない、一切の差別のない、一切の貧困のない、そして一切の支配のない世界』へと 作り変える事 が求められる、ということです。 

くにとこたちのおおかみさまが、この三次元を「次元上昇により」作り変えようとしておられるのと同様に!

 

あなたの努力が、おおかみさまに認められたその時、まずは二次元の世界が、三次元へと次元上昇します。

 

この時、三次元の存在として活動しているあなたが、そしてファンのみんなが、街の住人になることも叶うのです!また彼らが違う街に住む事も可能、となります。

神代(かみよ)においては、どの様な場所に住むことも自由なのですから!

 

さてそうなると、『あなたにとって』重要なのは、あなたが愛するキャラクターが、あなたを愛してくれるか否か?になりますね?

二人の関係がどうなってしまうのか?理想は相思相愛の関係?

 

でもそれは、そのキャラクターの自由意思による選択と、二人の間に因縁があるかどうか?これがお付き合いできるか否かのキーポイントになります。

そしてこれだけは、あなた自身にも関知しえない事なのです。

しかも、あなたが愛するキャラクターが、だれかほかのファンを選ぶこともあるでしょう。その時、嫌がる相手無理矢理支配する様な、今の三次元と変わらぬ世界に陥り(おちいり)ますか?「セッカク オレガ・セッカクワタシガ オマエヲタスケタノニ、コノオンシラズ!」となりますか??

 

だけどもその場合、あなたが思いを寄せているのとは違う、別の存在(キャラクター)があなたと一緒になりたい、と思っているのですよ!

つまりあなたが「今」思いを寄せている存在とは片思い、もしくは失恋になるけれども、あなたを必要としている別の存在が居るのであり、あなたがそっちの存在のSOSを感知して、その方を助け出す。

それこそが「街を救う」というあなたの使命の「本当のきっかけ」であるかもしれないのです。

そのような事を、自分自身に対して認める事が出来るか否か?これも問われます。

 

神代とは、永遠(とわ)に続く代となります。従って

敵キャラだろうが雑魚キャラだろうが、全ての存在のすべての愛を認める。

全ての存在のすべての愛を「受け止める」。

これが出来ない限り、たとえ志はあったとしても、二次元世界を上昇させる事などできません。全てはあなた次第なのです!

 

無理矢理な関係にならないためにも、生半可な気持ちで祝詞奏上などしないでください。愛する存在の破滅を招くだけですから。

そしてもしも、その懸念が0.1%でもあるならば、二次元存在を救う事など決して叶わないのです。

 

ブースカ明日香 審神者&記す

2018年2月13日(火)23:36

追記~~

2018年2月14日(水)18:03

 

脚注〜〜

写真2)

398   【初音ミクトルコ行進曲   オワタ\^o^/【PV DVD】