スピリチャル9条の会〜〜boosuka-asuka’s blog

我らの戦いとは、相手を消滅することではない。 武器なきたたかいの勝利とは、「愛」で全てを包み込み「神人一体」の世を創り出すことなり。 我らと「ごく一部の存在」とのたたかいは、剣ではなく、「憲法」を以てたたかえ。そのための9であり99である。 ペンは剣よりも強し。繋がりあい励ましあいたたかえ。 とある存在の霊言より 御筆先・ブースカ明日香

たたかい、あらそいは【殺意の元】

今回の記事は、一昨日、とある神様から頂いたこの言葉をベースに書き進めることにしましょう。

 

【神様は「闘い」「争い」が嫌いです!】 

くにとこたちの大神様に連なる

《おおもとからの日の本の神々は荒ぶってなど居りません!》

 それは、 博多祇園山笠の記事で明らかにした通り(注1)です。

 [祭りと相撲と御神事と]

今、全国の神社などで取り行われている「けんか祭り」

これらを見物するのを楽しみにされている方々。

そして、祭礼とされている「まつり」、あるいは伝統行事としての「まつり」を引き継いでおられる方々には大変申し訳ないのですが、神世(かみよ)が現実のものとなればこれらの『まつり=魔釣り』はお役目が終了します。

 

富岡八幡宮の水かけ祭り、みこし祭りが、そのお役目を終了したのと同様に、です。


 更に御多分にもれず、そして呆れたことに、富岡八幡宮の神輿には深川の元神様が、そして公式ゆるキャラ・みこっちには、姫神様が封印されておりました。

f:id:boosuka-asuka:20171223154118j:plainf:id:boosuka-asuka:20171223151331j:plain

(写真1)画像は、ウィキペディアより/なお、超五十連勝力士碑の「五十連」は、いそら=イスラエルとなります。

(写真2)富岡八幡宮公式キャラクター・みこっち・・・みこっちそのものはかわいいし、罪はありませんよ。>みこっちに封印されていた、深川の姫神様より

 

〜〜〜〜〜〜〜〜

 

神様からの情報によると、深川神社本来の祭りは「寒立女(かんだちめ)の祭り」だそうです。

それを徳川家が根本からかえてしまったのです。自分達の支配のために。

 

「寒立女のまつり」がどのような祭りだったかは、わたしでも想像つきません。

神様によれば、寒立馬=日本固有種のお馬さんです。この子たち(寒立馬)は日本のあちこちに、たくさんおりました。

いまは、青森県に少数しかいないとされているその子らは、度重なる「戦=いくさ=ニセ旗(にせはた)戦争ごっこ」のために絶滅の危機にあるのだと思います。

そして、「寒立女」を「寒立馬」に変更することで、徹底した呪詛と隠ぺいを図っているのです。(注2)

 

寒立女たちを徹底して弾圧・虐殺した事を!

南京・731・慰安婦と同様に!!

 

全国のけんか祭りは、いずれの起源も異民族大量虐殺の隠ぺい行為、なのです。

それもほんのわずか5~600年ほど前におこなわれたことです。

博多山笠の起源は、ほんの700年前と言われていますよね。

 

[深川の神様からの言葉]

 先日、富岡八幡宮で引き起こされた宮司殺傷事件に対しても、神様からみなさんに伝えてほしい、と依頼されましたので、この場を借りてお伝えします。

 〜〜〜〜〜〜〜〜

本来であれば、この神社は神の裁定として、火災により燃え落ちる予定であったし、今回殺害された神主が生き残っておったとしても、神輿を担ぐ祭りは神主自身の判断で終わりになるところであった。

 

今回このようなかたちで終わりになったように見えるであろうが、殺人実行犯の前神主夫妻はわたくしがその魂をひきうけて、わたくしの元で再修業に励んでおるし、殺害された女性神主は、「死んで生きるみち」を歩んでもらうこととした。

 

みこしに我を、ゆるキャラの「みこっち」に我が姫神を封印していたのであるから、そこから我らが出て行く事、これは罪にはなるまい?

そして現在の神殿を、あえて火事として燃え落ちぬようにしたのは、大神様の御配慮である事、相違ないのだ。

 

本来、神のますところには、あの様な大きくて立派な社(やしろ)は不要である。

 全国の、いや全三次元の「魔釣り」の終わりの始まり、それが先日の事件の真相である。

以上、深川の元神さま

お筆先 ブースカ明日香

 2017年12月23日(土)0:14

 〜〜〜〜〜〜〜〜

 

続き~~12/23(土)夕方~

この水かけ「魔釣り」江戸時代には見物客が押し寄せて橋が落ちてしまい、大勢の死傷者が出てしまったそうです。魔釣りにとって死傷者の発生は大歓迎です。

今回の深川の神様への裁定で、この時の犠牲者たちも浄化されました。

 

そしてたった今、寒立女とは何か?その答えを教えていただきました。

f:id:boosuka-asuka:20171223151246j:plain

(写真3)

そう、ペガサスです!

日本の空には、沢山のペガサスが舞っていたのです。

 

たまたまなんですけど『言霊と政治問題に関連した和歌を制作せよ、』とのインスピレーションがきました。それで、第一作目として 一昨日の深夜に作ったのが以下の歌です。

なんとわたくし、ペガサスを歌に詠みこんでました(^_^;)。

 

 

 普天間基地問題に対する返歌~~~

 

天を舞う

  ペガサスを見ゆ

    沖縄の

空に浮かびし

    あかね雲かな

明日香

 

[相撲に関することがら] 

とある別の神様からは、こうも告げられました。曰く

相撲は本来、御神事ではありません。


神の御前(みまえ)にて、あい争うなど許されようはずがありません。

 

そもそも神世になれば、 囲碁、将棋も無くすのですから。

囲碁は盤上の陣取り合戦。将棋は盤上の戦争ごっこ。

奪い合い、殺し合いが大本にあるでしょう?

以上が、どなたか?ハテナ?ですが、神様からのお言葉です。

 

この事を御神事にも詳しいN氏に伝えたところ、次のような事を教えていただきました。

神前相撲なんてないのですよ。

もともと、「四股」を踏んで、大地に祈りを捧げるのが本当の《住まう》

 

なんと、相撲ではなくて、「住まう」というのが本当の神前儀式なのだそうです。

これならば 、だれでも『横綱』になれそうですね!(^^♪

 

そしてみなさん、よーく考えてください。「女性は土俵に上がってはならない。例え表彰式でも!」という事が問題になりましたよね?女性が東京都知事に選ばれたことで。

なぜ女性が土俵に上がるな?なのか。それは「月に一回、経血を流す女性は不浄だから」でした。

 

相撲が格闘技である限り、男性力士でも流血してしまうでしょうし、表面的には怪我はなくとも、内部出血など日常茶飯でしょう。そうなると、不浄なのですよ!男性力士も。

そして、格闘家のモチベーションとは、暴力の肯定、ですよね。

 

もうお解りでしょう?格闘技たる相撲の役割も終わりなのです。

 

ブースカ明日香 記す

2017年12月23日 22:13

 

脚注〜〜

注1)

神は荒ぶっているか? 

スピリチャル9条の会〜〜boosuka-asuka’s blog

http://boosuka-asuka.hatenablog.com/entry/2017/08/03/164552

神は“いずく”に居られるや? 

スピリチャル9条の会〜〜boosuka-asuka’s blog

http://boosuka-asuka.hatenablog.com/entry/2017/08/07/031101


以上、二つの記事参照

 

注2)

この文章、なにかおかしい?と思われた方がほとんどだと思います。

審神者している私も、寒立馬と寒立女がごっちゃになってる?と、何度も書き直そうとしたのですが、その度に「書き直さないで!合ってるから大丈夫。」と言われて、そのままの文章にしています。

どうやら、寒立馬=寒立女=神立女!ということみたいです。

そしてなんと!?遺伝子操作によって普通の馬にされた存在でもあるといいます。

宇宙人と結託することにより、現実世界と『最先端の科学(=わたし達どれいとされる存在には決して教えない事柄達)』で明かされる現実は、天地以上に開いていると言えます。

寒立女はペガサス。わたしにとっても、驚愕の事実です。

この部分、項を変えて記事にしたいと思います。

 

 写真1)

富岡八幡宮 - Wikipedia

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/富岡八幡宮


写真2)

より

 

写真3)

より

☆公式キャラクターは「神立ペガサス」

黄金の翼を持つペガサスのキャラクターで、随所に登場する。

= 説明文は、神立高原スキー場 - Wikipedia

より引用