スピリチャル9条の会〜〜boosuka-asuka’s blog

我らの戦いとは、相手を消滅することではない。 武器なきたたかいの勝利とは、「愛」で全てを包み込み「神人一体」の世を創り出すことなり。 我らと「ごく一部の存在」とのたたかいは、剣ではなく、「憲法」を以てたたかえ。そのための9であり99である。 ペンは剣よりも強し。繋がりあい励ましあいたたかえ。 とある存在の霊言より 御筆先・ブースカ明日香

祝詞に関する考察、その(1)

祝詞の唱え始め…]


わたしが初めてひふみ祝詞を奏上したのは、2014年の夏でした。祝詞の言葉を書いたプリントを手に、つっかえつっかえ、でも真剣に唱えたのを覚えています。


f:id:boosuka-asuka:20170724025256j:plain


非常に拙い(つたない)祝詞でしたが、最近、その神社の神様から「そなたの祝詞は、確かに拙いものでしたが、嬉しかったですよ」とメッセージ(霊言)を頂きました。

あれから三年。しばらくは祝詞を唱えるなんて思いもよらなかったのですが…

[初めの一歩は、ひふみ祝詞

ある時、まずは「ひふみ祝詞を空で唱えるようになりなさい‼︎」との強いメッセージがやって来ました。それに対して、最初は「えぇ〜⁉︎」っと思ったのですが、とにかく覚えることにしました。

毎晩、3〜4時間かかる仕事の運転中、とにかく声を出す。そしてつっかえたら初めから唱えなおす。この方法で、約3週間かけてようやく、ひふみ祝詞を奏上できるようになりました。

[次の一歩は、祓え祝詞

ひふみ祝詞を覚えて約一年半。これ一本で頑張ったわたしに、一つの転機が訪れました。どうしても「祓え祝詞」と「ご先祖様の拝詞(はいし)」を覚えて、自分が主導して御斉事をせねばならなくなったのです。与えられた期日は、たったの半月!

御斉事の司令は、いわゆる「上の存在」から来たのですが、それに対するアドバイスは、わたしの師匠でもある能力者さん(以下 N氏)から授かりました。

N氏からのアドバイスは、いきなり24柱(にじゅうよはしら)の神々の御名(みな)を唱えるのは無理だろうから、ひとまとめに「祓戸の大神達(はらえどのおおかみたち)」でよろしいよ、とのことだったのです。そのアドバイスに従って、やっとこさっとこ、いわゆる短縮バージョンが唱えられるようになった時…

短縮バージョンではダメ‼︎ という「上からの司令」が降りてまいりました。とにかく、そこから10日ぐらいの猛チャージで、祓え祝詞と、ついでにご先祖様の拝詞をなんとか空で唱えることができるようになりました(^^;;
そして、去年(2016年)の大晦日、わたしの親友とともに、福岡の繁華街、天神の片隅で御斉事を取り行いました。この三つの祝詞を駆使して‼︎

[最後の難所が、節分祝詞‼︎]

ひふみ祝詞、数歌、祓え祝詞、そしてご先祖様の拝詞をようやく唱えられるようになったわたしに、追い打ちをかけるが如く⁈覚えなさい‼︎と上からやって来た司令が…

「節分祝詞を空で唱えられるようになりなさい‼︎」 でした。


これまた、必死のパッチで、三週間ほどかけて、なんとか唱えられるようになりました。非常に長い祝詞ですが、週一の休みを挟んでほぼ毎日、3〜4時間唱えてました。間違ったら、最初に戻る、これを繰り返しつつ。

自分のアタマの悪さを痛感しましたけど…


とにかく、以上の様な経緯により、今わたしが空で唱えることが可能な祝詞


  1. 数歌
  2. ひふみ祝詞(ひふみ神示、第10巻 水の巻 第2帖より)
  3. 祓え祝詞(ひふみ神示、第10巻 水の巻 第3帖より)
  4. ご先祖様の拝詞(ひふみ神示、第10巻 水の巻 第3帖より)
  5. 節分祝詞(ひふみ神示、第27巻 春の巻 第3帖より)
  6. 天津祝詞(ひふみ神示、第10巻 水の巻 第2帖より)
  7. 霊の発動を止めて、静かにする方法(ひふみ神示、第4巻 五十黙示録(いそもくしろく)/竜音の巻 19帖より)


[最強の組み合わせとその効果の実例]


上のうち、1〜4が、最強の組み合わせ であり


5〜7は、TPOに応じて付け加えれば、さらに効果を発揮できる 、ということです。


では、実際祝詞がどのような効果を発揮するのか?


以下の二枚の写真をご覧ください。


f:id:boosuka-asuka:20170724023732j:plainf:id:boosuka-asuka:20170724023858j:plain


これらは、福岡市内のとある神社での出来事です。この神社、ぐるりに池が取り囲んでいます。つまり、浮き島なのです。


そして、この鳩さん達は最初、一羽も浮き島内にはいませんでした。神社の周りには、数羽のカラスが陣取っており、鳩達は池の外にいた訳ですが…


わたしが祝詞をあげ始めると、まずはカラス達が浮き島から逃げるように飛び出して、池の外から鳩達が次々とこちらに向かって飛んで来たのです。しかも、わたしの視線にそう様に、正面からまっすぐ飛んで来たのですよ!


そして、あっと言う間に神社はこの様な有様、さらにはわたしの足元に大勢の鳩達がウロウロし始めました。思わず、笑ってしまい、祝詞が中断しかけました(^^;;


そして、わたしの御斉事の終わった後も、鳩達は、リラックスしてまして、間近で写メを撮っても、まったく逃げる様子もありませんでした。


いかがでしょうか?コトダマは、空間を浄化する‼︎

信じていただけますでしょうか?


祝詞の研究、続きます


大橋明日香

2017年7月24日 2:31