台風3号の検証その二、神の奇跡は無限なり


神の奇跡は無限なり


この言葉は台風3号がコッソリと太平洋に去ったのちにいただいた霊言です。


f:id:boosuka-asuka:20170719202651p:plain

上の画像は、前回と同様、天気ドットjpより拝借しています。


そして本日、7月6日の西日本新聞夕刊の画像です。

f:id:boosuka-asuka:20170719203103j:plainf:id:boosuka-asuka:20170719203157j:plain


それに対して、わたしの住む福岡市の街は、カミナリこそ激しく落ちていますが、雨の降りかたは穏やかです。大雨の被害が集中したのが、福岡と大分の県境。久大本線大分自動車道が走っています。


1枚目の、台風の進路図を、もう一度よく見てください。(下が拡大図)

f:id:boosuka-asuka:20170719203334p:plain


現在も降り続く大雨のラインと台風の経路、ほぼ一致していると考えても過言ではありません。


また、ここ数日の台風の予想進路をよく観察すると…この台風を何としても「くにとこたちの坐す(ます)たかあまはらやま」にぶつける意図があったのではないか?と考えられるのです。


この台風が来る前、中部山岳地帯一帯で大雨が降ってましたよね。(あと、島根県新潟県)そして、その中部の低気圧が、台風に対してリンクするかの如く、雨雲を供給してました。(ラジオニュースで伝えていた)


この現象、気象学に詳しいどなたか?説明できますか?

そう、まるで先に待機していた低気圧に輪を『かけるために』台風を接近させたように見えるではありませんか。


最終編に続く